東京スナップ1

d0185744_16165399.jpg




                     久々のスナップ
# by yaguchitenga | 2016-09-29 05:15 | 写真 | Trackback | Comments(4)

秋色風景2



                    
d0185744_1740066.jpg
  


                   風に吹かれて
# by yaguchitenga | 2016-09-28 05:38 | 写真 | Trackback | Comments(6)

秋色風景1

                 秋の風情を探してのんびり散歩
                 

d0185744_1803796.jpg

                    
d0185744_1805990.jpg
d0185744_1811853.jpg


                そしたら風に揺れてるパンパスグラスを見つけた

d0185744_1823968.jpg


                夕暮れの光が射すパンパスグラス

d0185744_1833882.jpg


                 もっさもさな、ホウキギが
                 夕焼け色に染まってた
# by yaguchitenga | 2016-09-27 05:55 | 写真 | Trackback | Comments(6)

武蔵野紀行5


               写真を撮り終わり広徳寺で出会ったおじさんに
               武蔵五日市駅への道を教わっていたので、その通りに歩いて行くと
               秋川にかかかる橋に出た。秋川の斜面には見事なほどの
               キバナコスモスが咲いていた。橋を渡り秋川の河川敷に出れる
               場所を探したが見つからず道路側から撮る事にした
               車がひんぱんに通っていたので撮りにくかったけどね



d0185744_18323614.jpg

          
d0185744_1833117.jpg


              キバナコスモスに元気を再び貰って武蔵五日市駅に急いだ
           
# by yaguchitenga | 2016-09-26 05:22 | 写真 | Trackback | Comments(4)

武蔵野紀行4

                   広徳寺の写真を撮っていたら散策していたおじさんが
                   「良い写真撮れましたか」と声を掛けてきたので
                   「ハイ、まあまあです」と返事してから
                    「此処からバス停は、どう行けば良いのでしょうか」と
                   尋ねたら「何処から来たの」と聞かれたので
                   「八王子の今熊山のふもとの金剛滝を撮って
                    降りて来たんですよ。此処も八王子ですよね」と聞くと
                   「今熊山は知らないけど、八王子じゃないよ
                    あきる野市だよ、峠を越えて、ここまで来たの?」
                   あきる野市は武蔵五日市がもより駅で、その駅の道順を
                   教えて貰った。後で調べてみると八王子の今熊山が
                   あきる野市との境に位置していて、まさか八王子から
                   武蔵五日市の近くに出て来るとは思わなかった
                   
                   それにしても、また30分も武蔵五日市駅まで歩くのかと
                   思うと、とほほである。まさか今来た道を今熊山のバス停
                   まで戻る訳に行かず、武蔵五日市駅まで出る事にした
                   武蔵五日市と八王子共に中央線で確か立川辺りで
                   乗り換えるのだが運が悪ければ五日市線は単線で
                   のんびり帰る事になるが運が良ければホリデイ快速で
                   無事に乗り換え地点のお茶の水まで行く事が出来る
                   僕が八王子の今熊山のふもとから
                   あきる野市に出たのは運命の神の悪戯か
                   広徳寺に呼ばれたのか分からないが
                   カメラマン冥利に尽きるし有難い事である
                  
                   
                  広徳寺は江戸時代中期の建造物と推測される茅葺の山門が
                  在り中々風情のある寺であるのと古木の銀杏もあり
                  見応えがある寺である


d0185744_1750446.jpg
  


 

                  対の大イチョウ

                  この大イチョウの黄葉を撮りに行くかと尋ねられたら
                  きっぱりと断るだろう。此処まで行くのが大変
                  バス便は1日二本だしね

d0185744_17553665.jpg

                                                   
                   
                  
 
d0185744_17561464.jpg
   

                  大イチョウの黄葉は見れなくても鬼気迫るイチョウの木を
                  見るだけで満足だ

                  広徳寺の裏庭に行くとタラヨウの古木が
                  枝葉を広げて立ちそびえていた


d0185744_1833138.jpg

                  

d0185744_1835493.jpg


                   キノコ

               広徳寺から道を隔ててこの木は立っていた


d0185744_1885428.jpg

                                    

d0185744_1891766.jpg
   

              カヤの樹の古木     



                 

                   
                   

                   
                   

                   
                   
                   


                   

     
                   
# by yaguchitenga | 2016-09-25 05:23 | 写真 | Trackback | Comments(8)

武蔵野紀行3

                   金剛滝への険しい山道を登って(下りも大変だった)
                   さっきまでの清涼感はなんだったのだろうと息をきらして
                   金剛滝の分岐に着いた
                   ちょっと息を整えて、さあ、戻ろうと思ったら
                   何故だか右から歩いて来たのか左だったのか忘れてしまい
                   確か発電所の前の道を通ったんだよなと思いながらも
                   山道の指示板を見た、右は何とか橋、左は何とかバス亭と
                   広徳寺と書いてあった。発電所前の道はかなり息切れして
                   辿り着いたので今度は違う道へ左に行く事にした
                   そこの何とかバス停(名前を忘れました)へ行って
                   八王子に戻れば良いと考えて、のんびりと単調な山道を
                   下って行った。下って行くとバス停には着かず
                   広徳寺に着いてしまった。疲れたので休憩がてらに入る
                   その寺については何も調べてなく
                   昔ながらの茅葺きの佇まいに魅了されてしまった
                   この寺を撮って八王子行きのバスに乗れば良いと
                   思ったのだが、それがとんだ間違いだった事を
                   後に知る事になるとは。その顛末は後ほどで
                   広徳寺の風景写真をどうぞ

d0185744_17104757.jpg


                   大イチョウと山門

d0185744_17122389.jpg


                   大イチョウと茅葺きの広徳寺

d0185744_17134879.jpg


                   かなり立派なお寺である

d0185744_1715183.jpg


                   広徳寺の庭には萩の花が咲いていた


d0185744_17175113.jpg



d0185744_17182225.jpg

                   
                 静か過ぎる広徳寺の境内で初見の花の秋海棠が
                 綺麗だった
                    

                  
                    
d0185744_17184913.jpg

# by yaguchitenga | 2016-09-24 05:46 | 写真 | Trackback | Comments(4)

武蔵野紀行2

                   滑って転がり落ちないように鎖を握りしめて
                   洞窟を登りきるとかなりの高さから落ちる雄滝が
                   姿を現した。まるで母の胎内から出てきた気分だ
                   でも、その時の気分は一切記憶にない
                   ただ、知り合いの子供が「私、生まれて来た時
                   痛かったんだよ」と僕に言った時は少し驚いたけどね
                   洞窟を抜けて滝を見るというのは初体験であり
                   先人がそのような滝に対して雄滝と雌滝、それを総称して
                   金剛の滝と付けたのは合点がいく
                   雄滝は豪快に流れ落ち足場が狭く立っているのが
                   やっとの状態で、そんな場所に三脚を立て
                   レンズ交換をする時もカメラ内部に
                   飛沫がはいらない様にするのが大変だったが
                   マイナスイオンが非常に心地良かったのも事実だ

d0185744_17382518.jpg


                   洞窟をくぐりぬけて観た滝の全貌

d0185744_1740599.jpg


                   岸壁を流れ落ちる雄滝

d0185744_174252.jpg


                   50mレンズにテレコンバーター1.5をつけ
                   内蔵ストロボで滝の飛沫を撮る
                   やはり外付けストロボの方が威力があるように思えた

d0185744_17452560.jpg
 

                   先に見た流れ落ちていく雌滝を上から見た(ストロボ使用
                   さらに、階段があり上から見た雌滝
                   階段の先は通行止めになっていた

d0185744_1748742.jpg


                   なんだかんだとこの二段の滝に一時間半居座り撮って
                   洞窟を再び抜けて帰る事にした

d0185744_17525134.jpg


                    山水が透明で綺麗だった

d0185744_17541249.jpg


                    しっとりとした渓谷の森

d0185744_17561288.jpg


                    渓谷を抜け帰りも急坂が続くので
                    カメラをしまおうとした時に見た山林

d0185744_1759599.jpg


                    足元を見ると小さな野草が咲いていた

                    
                           続く
                   
# by yaguchitenga | 2016-09-23 05:21 | 写真 | Trackback | Comments(8)

武蔵野紀行1

                 9月最初の土曜日は残暑が厳しく八王子の
                 今熊山のふもとにある滝を撮りに出かけた
                 上下二段からなる滝の名前は二段目は雌滝,一段目は雄滝で
                 総称して金剛の滝と呼ばれている
                 江戸時代は修験者が滝に打たれて修行したと伝えられている
                 この滝に到着する前、流れる川に足を浸したが
                 かなり冷たく感じた。どうせ暑いので、そのまま川の中を
                 歩いて二段目の滝に向かった
                 途中で木橋を渡らなければいけなかったので靴は履いたけどね



d0185744_17275350.jpg


                 二段目の雌滝、とにかく撮り辛い場所で
                 何とか三脚を立て、アングルを変えて撮った
                 暗い場所なので高速シャッターを切れなかったので
                 遊び心でカメラの内臓ストロボを使用した
                 外付けストロボを持っていこうとしたのだが電池切れだった

d0185744_17333951.jpg
 

                 内蔵ストロボ使用


d0185744_17355634.jpg
 

                 内蔵ストロボ使用


d0185744_17365386.jpg


                 ノーマル
                 
                撮っていくうちに滝のマイナスイオンで
                かなり涼しく今までのうちで快適な撮影だった

                さて一段目の雄滝を撮ろうとカメラをリュックに
                三脚をリュックの後ろに固定した
                なぜなら、鎖の付いた狭い洞窟を通り抜けなければ
                見れないからで、ちょろちょろ水が流れる洞窟を
                鎖につかまりながら登っていった

d0185744_1751248.jpg


                 この洞窟の向こう側の滝にわくわくした
                 それにしても武蔵野にこのような秘境があるとはね  

           
                     
# by yaguchitenga | 2016-09-22 05:12 | 写真 | Trackback | Comments(4)

ド ン タ ク 2




              
サディスティック・ミカ・バンドの景気が良い曲 「堀までひとっとび」を聞きながら
ご覧くださいませ、ませ

                      そこのけ そこのけ 神輿が通る

                      1年に1回の大祭でぃ~
.




d0185744_18293872.jpg



d0185744_18301014.jpg






d0185744_1831762.jpg

.


d0185744_1834891.jpg

                    

d0185744_18351521.jpg



d0185744_18363461.jpg




d0185744_183718.jpg

# by yaguchitenga | 2016-09-21 05:19 | 写真 | Trackback | Comments(6)

ド ン タ ク 1

                三連休の日曜日、地元の平井諏訪神社例大祭が行われた
                タイトルの「ドンタク」はオランダ語で休日を意味している
                博多どんたくはオランダ語が起源でゴールデンウイークになると
                もうお祭り騒ぎになる。オラが街の祭りも、そりゃもう大騒ぎ

                写真は駅前で披露された平井西太鼓
                写真なので音が聞こえないのが残念


 
d0185744_16575531.jpg
    


d0185744_16582256.jpg
    


 
d0185744_17341017.jpg
  


 
d0185744_175599.jpg
  


d0185744_171132.jpg
 


d0185744_1782697.jpg

                  
d0185744_1732275.jpg





僕の好きなサディスティック・ミカバンドの曲 
        「どんたく」お暇なときにでも写真に合わせてお聞きくださいな

              続く
# by yaguchitenga | 2016-09-20 05:46 | 写真 | Trackback | Comments(6)