武蔵野紀行28



深大寺に入る事にした
深大寺は武蔵野台地の崖線から湧き出す水源地で周辺の田畑や森を潤し
豊富な水を使って蕎麦栽培もされて深大寺界隈の名物となり現在に至っている
深大寺の名勝は仏法を求めて天竺に旅した玄奘三蔵を守護したとされる
水神「深沙大王」が由来と云われている
ウイキペディアには書かれていないが深沙大王は「西遊記」の主人公の孫悟空がモデルになっていて
孫悟空はヒンデイ神のハヌマーンが変身した姿なのだろうな、と、想像をした

次回に深大寺傍にある深沙堂を撮っているので紹介します



d0185744_18113174.jpg



苔むした山門



d0185744_18130173.jpg



本殿




d0185744_18151800.jpg



夏紅葉


d0185744_18161719.jpg


見事な枝垂れ桂
桂の木を見た事が無く花期を調べてみたらヒットせず
分かった事が一つだけ、人知れず咲くのだそうだ
見事な枝垂れなので花も見事なんだろうな



d0185744_18230084.jpg


d0185744_18234624.jpg


                                  

d0185744_18372157.jpg


梵鐘


続く



# by yaguchitenga | 2017-09-22 05:49 | 写真 | Comments(0)

武蔵野紀行27



深大寺水生植物園を出て深大寺界隈を歩いた
この界隈は何年か前に来て2度目になる。いや、10年前ぐらいに歩いていたので3度目になる
1度目は確か冬で2度目は春、今回は初秋になる


d0185744_19152229.jpg


深大寺の石垣堀を流れる小川



d0185744_19172690.jpg



小川の縁に咲いていた花


d0185744_19195592.jpg


深大寺の石垣塀



d0185744_19224707.jpg




d0185744_19234026.jpg


 
小川の側に立っていた樹木
その空洞の中から何かが生まれようとしていた
何か不思議な木だった


d0185744_19281767.jpg



多門院坂、坂と云うより階段である



d0185744_19305280.jpg




d0185744_19323684.jpg




d0185744_19335146.jpg



坂の斜面に立つ巨木
階段を上がったが急坂で、またまた滝のように汗が噴き出る



d0185744_19372891.jpg


柵から抜け出そうとしているような樹木の根

抜け出してよるになったら誰かに悪さをしようかと思案顔をしているようだ

さて上ると降りなければいけないのは当然の事で他の道を知らないので
仕方なく降りて行った


続く




# by yaguchitenga | 2017-09-21 05:05 | 写真 | Comments(4)

武蔵野紀行26



僕が城址公園に来た目的は前記事に書いたように
水生植物園のコオホネと、もう一つはこの近辺の小学生が育てている蕎麦の花を
見る事だったが残念ながら二つ共見る事が出来なかった
蕎麦の花が咲く時期は栽培場所の看板に書いてあったのをみると
春に種まきをすると6月中旬に花が咲き、夏まきだと10月に見頃になるそうだ
他にも見るものができたので、その時分に行って見ようかな




d0185744_19432707.jpg



深大寺城址公園から下る途中に撮った瑞々しい森
きっと水が良いからだろう



d0185744_19481733.jpg



神代城址の石組みかな

d0185744_19500228.jpg


d0185744_19512757.jpg







d0185744_19530254.jpg


爽やかな光と緑だ



続く


# by yaguchitenga | 2017-09-20 05:30 | 写真 | Comments(5)

武蔵野紀行25




                                           草の茂みからむっとする熱気が僕の体をほてらせる
                                           これを「草いきれ」と云うのだな




                 
d0185744_19355050.jpg


                       
d0185744_19365120.jpg


d0185744_19375152.jpg



d0185744_19384677.jpg



# by yaguchitenga | 2017-09-19 05:32 | 写真 | Comments(4)

武蔵野紀行24



                                   城址を常緑樹の深い緑を撮りながら巡った





          
d0185744_17491309.jpg


        
d0185744_17503683.jpg

d0185744_17521222.jpg

                                        9月上旬なのに、もうパンパスグラスの季節?
                                        早いなぁ 10月頃だと思っていたけど僕が撮るのが遅いだけなのかな



d0185744_17571230.jpg


d0185744_17582324.jpg

                                          パンパスグラスをアップで撮る
                                          他の公園で見るのより穂が大きく堂々としていた


d0185744_18014200.jpg

                                          パンパスグラスの隣に花が咲いていた


d0185744_18033184.jpg

   
d0185744_18041672.jpg

近寄って撮ろうとしたら風が吹いて来た
あっちへふらふら、こっちへフラフラ踊るように揺れる
僕も花が揺れる方向にカメラを向けて、やっと撮る事が出来た


続く
            

# by yaguchitenga | 2017-09-18 05:44 | 写真 | Comments(17)

武蔵野紀行23




                                         水生植物園から小高い丘に入ると芝生公園が広がっている
                                         扇谷上杉氏が築城した戦国時代の城址跡だ



d0185744_06430265.jpg


d0185744_06434767.jpg


d0185744_06442845.jpg
                                           
                                           土塁跡


d0185744_06465811.jpg


d0185744_06475010.jpg

                                       発掘された城の柱跡に石が置かれていた




d0185744_06494560.jpg
                                        
                                         アート的な石の配置
                                         こんな感じで柱が組まれていたんだな


d0185744_06522487.jpg


                                          続く



# by yaguchitenga | 2017-09-17 06:53 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行22



                                     水生植物園の周辺を歩いた
                                     湿地帯に広がる森の緑が生き生きとしていた



d0185744_07150558.jpg


d0185744_07154094.jpg

d0185744_07161776.jpg

                                     
  
d0185744_07184002.jpg
                                
                                    

# by yaguchitenga | 2017-09-16 07:19 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行21


                                      20の続きです


                                      水辺に咲く花とか野草は、どうして小さいのだろう

                                      マクロなので踏ん張って撮るから滝のように汗が出てしまう





d0185744_19452748.jpg

                                          ミズキンバイ

d0185744_19470496.jpg

                                          草むらに隠れていた白い花 多分 ボタンヅル


d0185744_19503645.jpg
                                         
                 
                                           線香花火のような形の花 ❓ 君の名は? はい、ハナニラと申します。

 
d0185744_19532591.jpg
                                           

                                             多分、ヤブミョウガの実


d0185744_19550152.jpg
                                            シュウカイドウ


                     
d0185744_19571265.jpg
       

                                            僕が何時も撮れるのは蜂とかアリばかりだけど
                                            トンボは初撮りだな

       

                                             続く
                                              

                                      

# by yaguchitenga | 2017-09-15 05:40 | 写真 | Comments(12)

武蔵野紀行20



                                       神代植物公園と深大寺の中間にある神代城址の水生植物園に
                                       9月上旬の日曜日に行って来た
                                       目的は城址公園と7月から9月ぐらいまで咲いているコオホネを見る事だったが
                                       姿が見えず終わってしまったようだった。何年か前の7月ぐらいに
                                       石神井公園にある三宝寺池群落にコオホネを撮りに行ったのだが
                                       遠くにぽつりぽつりと咲いて群生とまでは、程遠くおまけに花が小さいので
                                       100~300までの望遠だと上手く採れなかったので今回は
                                       400mの望遠レンズ+100~300を用意してリベンジを図った
                                       此処は人が少ないので三脚持参だったのにリベンジならずだった
                                       でも他に見た事が無い水生植物が見れたので良しとしよう
                                       しかし二本も望遠レンズを持ってくると重いし暑いし、、、



d0185744_19293616.jpg


d0185744_19302540.jpg
                                             
                                           2枚ともヤブマオ

d0185744_19314750.jpg

                                          ヤブミョウガ


d0185744_19325935.jpg

                                           ヤブミョウガの実



d0185744_19344010.jpg

                                             センニンソウ


d0185744_19355589.jpg

                                           ? ⁇


d0185744_19372878.jpg

                                          ガマが一輪だけ咲いていた
                                          見頃はもう過ぎたようだ


                                           

                                            

# by yaguchitenga | 2017-09-13 19:39 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行19



            
                                        大円寺に入ると見事な樹木が本堂を囲んでいた
                                        此処へは500羅漢の石仏達が斜面に座していると知って
                                        雅叙園の帰りに寄る事にしていた
                                   


d0185744_18024904.jpg


 
d0185744_18035577.jpg
            


                                            魔除けの鬼瓦が八方を睨んでいた


                                           五百羅漢を撮る前に境内をウロウロしていたら
                                           あるモノを見つけた
                                           1度目のインドの旅でインド領チベットのラダックに行った折に
                                           市中を手に車を持ってクルクル回しながら歩いている姿や
                                           僧院見物に行った際に見た区大な車を何度も見た事があって
                                           それがチベット仏教の仏具であるマニ車だと知った
                                           マニ車の使用方法は車を右回り回転させた数だけ
                                           経を唱えるのと同じ効果があるとされている
                                           そのマニ車と大円寺で再会するとは思わなかった
                                           ちなみに、3度目のインドブッダガヤのマハーボデイ寺院にもあって
                                           参拝者がクルクル回していた
                      
   
d0185744_18204354.jpg

      車が止まっているのを撮っても能がないので回して撮った

何か功徳があるかな




d0185744_18301821.jpg

六地蔵



d0185744_18314541.jpg
  

d0185744_18324160.jpg

五百羅漢が出来たのは
昭和9年に大円寺が火元とされる行人坂火事が起こり
折からの強風で白金から神田 浅草まで焼き尽くされ
その後大円寺は76年間再建を許されなかった
大円寺は大火の犠牲者供養の為に石工に五百羅漢を彫って貰い
50年の歳月をかけて五百羅漢が完成したとされる



d0185744_18452822.jpg

とろけ地蔵、体の悪い部分をさすると完治するそうだ

   



d0185744_18520667.jpg
   
仲睦まじい夫婦の道祖伸


大円寺はこれにて
 


  







                                          
                                              

# by yaguchitenga | 2017-09-12 05:46 | 写真 | Comments(10)