東京の古木3 善福寺の逆さイチョウ

日比谷公園の首賭けイチョウを後にして向かったのは麻布十番。ここも初めて行きました。空海が開山したと言われる善福寺に樹齢750年のイチョウの木があると知ったからです。このイチョウは大きすぎて、とらえどころのない、撮るには難しい樹木でした。15ミリぐらいのレンズが欲しいと思いました。このイチョウは雄株だそうで銀杏が実らないそうです。樹木に雄と雌があるとは知りませんでした。
d0185744_6234589.jpg
まるで怪物のように空を目指して羽を広げている姿に圧倒されました。750年の風雪に耐えて生きてきた逆さイチョウ。一説には氷河期から生き延びているそうです『生きた化石」の異名は伊達ではありませんね
d0185744_6282859.jpg
太い枝から木根と呼ばれる根が垂れ下がっていました。木を巡る旅。次は何処へ行こうか。
by yaguchitenga | 2011-07-23 06:32 | 写真 | Comments(8)
Commented by j-garden-hirasato at 2011-07-23 08:58
樹齢750年とは、すごい!
太さも半端じゃないですね。
イチョウではなく、
別の生き物のようです。
Commented by risaya-827a at 2011-07-23 09:57
おはようございます^^
生きた化石・・・凄いなぁー♪
樹木・・・と言うよりは、なにか怖い物体に見える。。。
木の枝?があんなにぶら下がっているなんて、、、これは仏じゃないよね、やっぱり!!!
おお、こわ^^; (笑)
Commented by ninja2005y at 2011-07-23 23:11
この下方へ向かって伸びる枝が
【逆さイチョウ】の言われなのでしょうか?

それにしても摩訶不思議な!
Commented by yaguchitenga at 2011-07-24 06:22
j-garden-hirasatoさん 私もびっくりでした。写真に撮ったら別の生き物にも見え750年の重さが見えてきました。この木も戦災していて裏側には焼けた傷跡がありました。頑丈です。そういえば浅草浅草寺にも戦災の傷跡が残る老木があるのですよ。
Commented by yaguchitenga at 2011-07-24 06:26
理沙也さん 見ごたえのあるイチョウでした。墓場の所に立っていたので木を巡る事は出来ませんでした。750年の重さを感じました。たくましく生きてきたんですね。
Commented by yaguchitenga at 2011-07-24 06:33
ninjyaさん 逆さイチョウの言われは雑誌には書いてありませんでしたが、下に向かっている木根から、たぶん名前が付いたのだと思います。仰るように摩訶不思議です。この木も戦災していて撮りませんでしたが、焼けた傷跡がありました。
Commented by tomiete2 at 2011-07-24 07:06
おはようございます。
びっくりですね750年・・・
 おっぱいが下がっている姿。・・・この木にあやかっておっぱいが出るようにとお参りする人がおられるかも…

  戦災にあったいるのですか・・・
Commented by yaguchitenga at 2011-07-24 07:28
tomiete2さん 750年は伊達じゃないですね。驚きました。おっぱいですか?おられるかもしれませんね。戦災にあっても生き延びる事が出来たイチョウです。凄いです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 街へ1 有楽町ガード下 日比谷公園の風景 >>