真鶴半島の森

8月の終わり、神奈川県の真鶴半島に行きました。この海には豊かな森が広がっています。漁師さん達はこの森を『魚を育てる森」と呼んでいます。海に突き出た樹林が海面に影を作り魚が好んで集まり枯葉がプランクトンを繁殖させて魚のすみやすい海が形成されるのだそうです。森が命を作っているんですね。明治37年に『魚付き保安林」に制定されたそうです
d0185744_5174979.jpg
d0185744_5183317.jpg
d0185744_5191993.jpg
d0185744_5195545.jpg
d0185744_5213211.jpg
d0185744_522029.jpg
d0185744_5224382.jpg

by yaguchitenga | 2011-09-18 05:23 | 写真 | Comments(6)
Commented by j-garden-hirasato at 2011-09-18 22:34
真鶴ですか。
学生の頃、
この半島の先っぽのホテルで経営する海の家で、
夏の間、
住み込みでバイトをしてました。
確かに、半島は森でした。
Commented by ninja2005y at 2011-09-18 23:13
>>『魚を育てる森

なるほどね~。
人間の手が加わるから
ロクなことにならんのですな~。
Commented by yaguchitenga at 2011-09-19 04:30
j-garden-hirasatoさん へー、そうなんですか。行く機会があれば再訪されてはいかがでしょう。朝日が綺麗だそうです。私は今冬に泊まりで再訪しようと思っています。
Commented by yaguchitenga at 2011-09-19 04:42
ninjyaさん ここは江戸時代に小田原藩が植林を行ったのだそうです。この森が後世に残るとは小田原藩も予測しなかった事でしょうね。この日は暑かったけれど森林浴と海が見れて快適でした。
Commented by みどり☆そら at 2011-09-19 08:26 x
真鶴!良い所ですよね〜
ケープに行くまでの森
私も凄く好きなんですよ。
年に数回、ネコたちに合いに行く我が家です。
Commented by yaguchitenga at 2011-09-19 08:34
みどり☆そらさん 行かれた事があるんですね。次は泊まりでケープの日の出を撮るつもりです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 真鶴半島の森2 東京の空4 雲模様 >>