美しい世界へ

宇都宮大谷にある平和観音。
2千年前に火山活動で生まれた大谷石は軽くて加工しやすく耐久性に優れ
様々な建造物に使われているそうです。その岸壁に掘られた高さ27mの観音様は
第二次世界大戦の戦没者を供養するため昭和23年から6年をかけ大谷石で構成された岸壁に
総手掘りで製作されたそうです。この思いが世界に届いたら世界は美しくなるのに
d0185744_904181.jpg
d0185744_902771.jpg
d0185744_914077.jpg
不思議な形の岩ですね。

自然が作ったアートです
by yaguchitenga | 2012-05-13 09:02 | 写真 | Comments(11)
Commented by risaya-827a at 2012-05-13 17:11
yaguchitengaさん、こんにちは^^
理彩也が行った時とは、また雰囲気が違いますね!!!
同じものを撮っても、撮影者によって随分と変わるものだなーと
実感致しました^^
Commented by izayoi_forest at 2012-05-13 20:02
大自然の営みの偉大さに 圧倒されます。。
鞆の浦から渡船ですぐの仙酔島にも
断層が美しい彩で 出迎えてくれましたょ♪  kumiko
Commented by みどり☆そら at 2012-05-13 20:12 x
これがすべて手彫りだなんて
ホントに凄いですね〜
これは一度直に見てみたいです。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-13 21:03
かなり広角でお撮りですね。
ここには以前行ったことがありますが、
広角で撮った方が、
雰囲気が出ますね。
Commented by ninja2005y at 2012-05-13 22:51
>>宇都宮大谷にある平和観音。

あぁ~ビックリした。
ホンマにインドに行ったのかとおもった。(爆)
Commented by yaguchitenga at 2012-05-15 21:38
risayaさん 同じモノを撮っても撮影者の目は他人とは別の見方をします。不思議ですね。
Commented by yaguchitenga at 2012-05-15 21:44
izayoi forestさん 
ご訪問ありがとうございます。リンクさせて頂きました。自然の営みを宗教に転じる事は素晴らしい事だと改めて感じました。でも、それが何処かで間違ってしまったんですね。ますます鞆の浦行きたくなってきた。でも、その前に印度があるんです。3回目のインドがね。
Commented by yaguchitenga at 2012-05-15 21:49
みどり☆そらさん 
手掘りでこつこつ 
素晴らしいですね。インド領ラダック九州大分の国東半島でみた巨大な磨崖仏を思い出しました。
Commented by yaguchitenga at 2012-05-15 21:55
j-garden-hirasatoさん 
行かれた事があるんですね。ちょっとさびれた街の山にある観音像。これが手掘り打なんて信じらます。?この観音様の全体撮るには超広角使わないと無理なんです。でも、これでぎりぎりなんです
Commented by yaguchitenga at 2012-05-15 22:08
ninjaさん そう簡単にインドに行けません。切れたパスポート更新しなければいけないし、今凄く暑いです。6月から9月まで雨季なんですよ。行くのは9月ぐらいから10月ですねえ。これは本気、私の空の原点回帰。インドで死ぬかもしれない病気してるんです。流行性肝炎をやっちまったんです。山に行く途中あまりに川が綺麗だったんで飲んだら一か月後にです。インドの薬草医学「アユルベーダー」で不思議に治ってしまいました。下手うつとあの世行きだそうです。こわっ
Commented by yaguchitenga at 2012-05-15 22:12
すいません書き忘れです。インドで見た空が(毎日グラフに掲載されたんです。題名が編集長がつけてくれたんですよ。ベナレスノソラです1980年代の若かりし頃のこと)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 美しい世界へ2 東京の空 雨上がり >>