インド日記4

朝5時の汽車でブッダガヤを出て5時間。11時過ぎにバラナシ到着。30年前と比べ交通量の多さに驚いた。駅からガンガーのガートを目指してたら客引きのあんちゃんがサイクルリクシャに寄って来て「プージャーゲストハウスに行くのか、案内してやるよ」最初は疑っていたけど「僕はホテルのスタッフだよ」「確かかい」「イエス」その言葉を信じついていくことにした。ヒンデイの聖地ガンガーのガートは雨季で増水して直接行けないのでホテルまで迷路のような路地を歩く。無事到着したけど明日からこの迷路を覚えなきゃ。ベナレスは2回目行ったけどこんな路地は歩いたことなかった。そして荷物を部屋に置いて昼食をとりに屋上のレストラン行く。広大でゆったりとしたガンガーが流れてた。絶景だなあ。どんな写真が撮れるんだろ。
by yaguchitenga | 2012-09-29 19:39 | 写真 | Comments(12)
Commented by izayoi_forest at 2012-09-29 21:24
リトルブッダという映画を思い出しました
そのころ 生誕の地ルンビニに憧れました
響きがいいですね ルンビニ♪
どうぞお帰りも気をつけて…☆ 
Commented by ninja2005y at 2012-09-29 23:34
こっちもイギリスが現実味を帯びてきました。(爆)
Commented by risaya-827a at 2012-09-30 14:16
こんにちは^^
お元気で、旅を楽しんでいるようで、よかった、よかった☆
どんなお写真が見られるのか、楽しみにしていますね^^
どうぞ、お気をつけて。。。
Commented by kajiwara at 2012-10-02 20:57 x
バラナシいいなぁ、行ってみたいです。
沐浴しました?汚いのはともかく、かなり水が冷たいらしいですね。腰に悪いからやめた方がいいかと、それともご利益を期待するかですね。

会社はあいかわらずです。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-10-03 06:13
インド旅行、
楽しまれているようですね。
インドにもネットカフェが多いんでしょうか。
日本語入力、
確かにねえ。
旅先でそういうカフェを探されたところ、
敬服いたします。
どんな写真を撮られたのか、
楽しみにしております。
Commented by ラサ at 2012-10-10 22:35 x
やっぱりプージャの客引きに出会いましたか!
すごいなぁ、旅人は100%会うのかも(笑)
今のガンガーはどんな流れだろう。
昔はイルカがいましたが、今はいないのかなぁ。
残り少し、良い旅を!
Commented by yaguchitenga at 2012-10-12 08:36
izayoi forestさん 私もネパールのルンピニにあるカピラバストウ城に行きたかったのですが色々事情が出来行くことが出来ませんでした。何故、カピラバストウを知っているかと言うと、佐賀県の龍谷高校を出てるんです。ブッダの事を習っていたのです。京都の龍谷大学の姉妹校です。生誕地には行けませんでしたが悟りを開いた地、ブッダガヤに行けたので良しとしました。でも、自然は綺麗なのに日本語をしゃべる印度人達の金の執着にはへきえきしましたね。あっ帰国しました。
Commented by yaguchitenga at 2012-10-12 08:37
ninjaさん イギリスが現実になりそうとのこと。よかったです
Commented by yaguchitenga at 2012-10-12 08:42
j-garden-hirasatoさん ネットカフエは旅行者の集まる場所には大体あるのですが日本語可能が少なかったですね。結構重くて、インドから日記を送る事が出来ませんでした。その点日本はストレスなく送信できるので良いですね
Commented by yaguchitenga at 2012-10-12 08:50
risayaさん 無事帰国しました。メモリー3個使いました。今2個目を取り込み、セレクト完了したとこです。2個で1978枚撮影しました。3個目で多分3000枚に達する見込みでしょうね。ちなみにフイルムも使用しました。お待ちくださいませ
Commented by yaguchitenga at 2012-10-12 08:54
kajiwaraさん 10日に無事帰国しました。沐浴はしてないですね。インド人ならともかく旅行者がガンガーで沐浴すると、原因不明の病気になるそうです。沐浴はともかく朝日が綺麗でしたよ。
Commented by yaguchitenga at 2012-10-12 09:09
ラサさん 不思議でしたねえ。目的のプージャの客引きに遭遇するなんて、ラッキーでしたよ。とりあえず、ダサーシュワガートまで行ったら、何とかなるかなと思ってたら、ゴウドリヤ付近で声かけてきたんです。そのあと日本語しゃべる客引き君には二度と遭遇しませんでした。一度だけだけどブルーラッシイ何とか行きました。美味しかったですよォ。イルカ見た事あるんですか?一度も見たことがないのです。多分今でもいるんでしょうね。ラスト近くの朝に霧を見ました。ホテルのレストランのスタッフに「ミスト」と聞くと「ミスト」の意味を聞かれました。霧の認識がないのかな。下手な英語でどう説明したらいいかと思ってましたが、他のスタッフに聞いてたようです。納得したかどうかは不明です
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< バラタマータ 母なる大地 デリー編1 印度日記3 >>