バラタマータ 母なる大地 チエンナイ編1

僕の珍道中はまだ、まだ続きます。時間節約のため北インドデリーから南のチエンナイまでフライト。Eチケットはデリーのフライト予約したホテルで受け取り、11時にチエックアウトして空港へ行く。空港でチケットと掲示ボード確認。デリー13時50分発 到着は16時40分。うん。ミスなし。そして搭乗。予定通り飛んだぞ。
やがてチエンナイに到着頃雨が降り出し雷が鳴ってる。後ろの席で印度人達が騒いでる。まったく、子供だなあ、騒ぐなよと思いつつ、着陸(内心どきどきしてた)棚から手荷物下して乗務員の支持を待つんだけど、指示がないぞ。変だなと思いつつ、先走りのインド人が何人か出口まで行きだした。隣の外人観光客を見ると降りる気配なし。何がどうなってるんだと落ち着いて指示待ち、そのうち機内掃除のスタッフが乗り込んでお掃除。
次に乗客のチケットをチエック。そして、先ほど降りたような乗客が乗り込んできた。そして、アナウンス英語なのでよくわからないけど「マドライ」と聞こえたような。脳裡に浮かんだのは空港で事件発生かも。いやありえない。もっと英語勉強するべきだったと反省しつつ、そのうち飛び立って行きましたとさ。隣の外人さんに「なぜとんでるんだ」と聞くと「君の言ってることがわからない」との返事しかかえってこず。何がどうなってるのかわからずマドライ到着。そして、ここで全員降ります。訳わからないまま手荷物受取へ、荷物来ないねえ。そりゃそうです。僕の荷物はチェンナイだもん。体はマドライなのだ。そして、もう一人荷物が出てこないと言ってる印度人がいた。だんだん、頭がパニック。そして関係者の話を聞くと何とこの飛行機は2フライトするのだそうだ。じゃあ、デリー空港で見た案内ボードはなんだったんだ。デリーーチエンナイしかなかったぞ。それなら、デリーーチエンナイーマドライと書いとけです。と抗議したかったけど片言英語だもんなあ。だから、格安なんだと初めて納得。日本だとありえない話。乗務員も交代してないし。2フライトでの仕事大変だろ、それともこの仕事楽なの?。そして、関係者は「君のミスだよ、なぜ下りなかったんだ、寝てたの?次チエンナイ行きは9時半だからチケットを買って乗れ」「いくら」「4500ルピー」財布の中身を見るとたりまっせん。「ルピーがない、ドルじゃダメか」と聞くと「OK]の返事。100ドルをルピーに換金して、チケット購入。関係者からこんなこと言われた「一人旅か、友達いないのか、いなかったら旅をやめて日本に帰った方がいいよ」そして、その人は僕をエスコートしてゲートまで、仕事があるのにありがとうね。もっと英語勉強しとけばと猿でもする反省をした。無事再びチエンナイに戻れた。テロでなくてほっとした。飛行機に1日で2回乗ったのも初めてだし、長い夜だったなあ。写真は2階のホテルから撮ったチエンナイの朝の風景。6時半ごろです
d0185744_11105624.jpg
d0185744_11112457.jpg

by yaguchitenga | 2012-10-15 11:11 | 写真 | Comments(4)
Commented by ninja2005y at 2012-10-15 22:49
いやホント、怖いけど
こういう国って面白いよね。

わたしゃもうイイけど。(爆)
Commented by j-garden-hirasato at 2012-10-16 05:01
いやー、
よくご無事で。
自分なら、
インドから出れないかも。
Commented by yaguchitenga at 2012-10-16 07:36
ninjaさん 
日本円にしたら1万円ちょいなんですよ。
そのことを知りあった日本人旅行者に話したら驚いてました。もう、ほんと面白すぎて今は笑えますが。もし、全員が降りてたら、格安のからくりを知らないまま降りてましたね。
Commented by yaguchitenga at 2012-10-16 07:42
j-garden-hirasatoさん もし、ドルじゃダメって言われたら、どうなっていたか。まあ、ありえないですがね。しかし着陸寸前の雷は、ほんと怖かった。無事に着陸した時後ろにいた印度人達が拍手してましたもん。日本人だとおとなしくしてるんですがね。多分乗務員から注意されるでしょう。日本とインドの常識の違いを改めて知りました
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< バラタマータ 母なる大地 チェ... バラタマータ 母なる大地 デリー編3 >>