バラタマータ 母なる大地 朝の車窓から

マハーバリプラムには鉄道駅が無く再び朝8時のバスでチェンナイに戻る事になった。昼1時30分のチェンナイ~マドライ(ヒンデイの寺がある門前町。でもスルーしました)寝台の予約が取れず座席のみ。寝台の方が寝て行けるので楽だったのですが。到着時刻は夜9時30分の8時間の座りっぱなしの列車の旅。着いた頃にはへろへろ。
地球の歩きかたに載っていた駅に近いホテルに泊まり次の日最南端のカニャクマリに行くため昼1時30分のグルワイユ行き。ホテルにあるチケットカウンターでの予約だったのだが最南端まで行く列車がなく、また座席のみの12時間座りっぱなしで朝6時の到着。その間ウオークマンでも聞いてと思ったのだが電池切れ。最悪だあ。こうなりゃ、もう、ぼけっとしてるしかないなと覚悟を決めた。その車内の様子。普通駅には改札があるのだがインドにはない。だから無賃乗車が横行してる。夜遅くなると網棚に陣取って寝たり通路に寝るインド人で、あふれかえる。そして盲目や片腕がない乞食達が客にバクシーシ(施し)を要求する。まあ、それはいいとしても同席した印度人から聞いたこと。「ジャパニか、これからどこへ行く」と尋ねられ「カニャクマリ」と言ったら「グルワイユから10時間だよ」「えっ、確かか」「イエス」そのとき頭がくらっ。そこからバスで3時間ぐらいだと思ってたカニャクマリが凄く遠のいてしまったのです。大いなるミスだあ。印度人は大げさだと思うことにして、ただぼやっと到着を待つことにしたのですが。しかし12時間は長すぎる。同席していた彼らは途中で降り(深夜)やがて明け方になる頃人が少なくなりタバコを吸いたい気持ちが強くなり(駅、列車内禁煙)文句いわれたっていいやと開き直って吸ったら、頭がくらっ、禁煙してるのと同じですからね。でも、なんか気持ちいいなあ。^^^。そんなこんなでグルワイユ到着。さて、どうなったか次回です。写真は明け方の車窓からです。もう、ヤシの木だらけの森
d0185744_74871.jpg
でした
by yaguchitenga | 2012-10-28 07:48 | 写真 | Comments(13)
Commented by howdygoto2 at 2012-10-28 09:36
おはようございます。
朝の車窓からですか。
旅での車窓から見える風景って、好きです。
Commented by tomiete3 at 2012-10-28 09:53
椰子の林を遠目に列車が走ってゆくのいですね。
Commented by yaguchitenga at 2012-10-28 10:32
howdygoto2さん ナマステ 私も車窓の風景は好きですが
12時間座りっぱなしは、きつすぎました
Commented by yaguchitenga at 2012-10-28 10:34
tomiete3さん 私は、ただ、ただ、外をぼやっと眺めてました。
着いたら御尻が痛かったです
Commented by risaya-827a at 2012-10-28 10:55
おはようございます^^
車窓からの風景って大好きです♪
まさに一期一会の風景なので、シャッターを切るのも気合いが入ります^^
しかし、12時間とは。。。(^^;
Commented by yaguchitenga at 2012-10-28 11:03
risayaさん わたしもお酒飲みながら車窓風景眺めるの好きです。ただね、8時間、12時間は寝台で移動したかった。もう、ほんと苦痛でした。悪い事してないのに拷問受けてる感じでした。^^^
Commented by a-ki_la at 2012-10-28 17:56
国内でさえも明け方の車窓から景色を眺めたことがないのです。
流れるというより飛んでく風景にとってもリアリティがありますね。
「深夜特急」のように、ドキドキしながら続きを楽しみにしています。
Commented by yaguchitenga at 2012-10-28 20:24
a-ki laさん 国内でさえも明け方の車窓からーー。コメントで思いだしましたが大阪の写真学生時代夜行で九州まで帰省するとき2度ほど急行の夜行に乗りました。寝台ではなく座席のみでしたが。そのときは明け始めた景色を眺めなかったなあ。3度目は寝台で東京から乗りました。寝台特急が廃止前で九州に大雪が降った日でした。そのときは眺めましたね。飛んでく風景にリアリテイがありますね。ありがとうございます。12時間ぶりにタバコを吸ったせいで大麻を吸ったような感じになり、ハイになったようです。
「深夜特急」お読みになられたんですね。私は読んでなくて知りませんが。私の場合は写真家の藤原新也の「全東洋街道」と写真週刊誌に載ってたヒンデイの聖地ガンジス川を撮った写真に魅了されたんです。そして「インド放浪」これ、検索したらヒットっするはずです。廃刊になって無ければ購読できるはずです。ドキドキ感があります?ありがとうございます。今回は藤原さんの写真の影響は無く僕自身の視点でインドを見ました。続きは明日です
Commented by ninja2005y at 2012-10-28 23:10
>>地球の歩きかた

は、エエですね。
わたしもコレばっかりですわ。

次も・・・・・トーゼン。
Commented by yaguchitenga at 2012-10-28 23:15
ninjaさん 
このガイドはホテルに関してはかなり間違いがおおいです
がっ、他にいいガイドブックが無いので使ってますが、それと旅行者の情報ですね。
Commented by yaguchitenga at 2012-10-28 23:20
ninjyaさん 
一時この地球の歩きかたを問題にした評論家がいましたが、ある意味正しいですね
Commented by j-garden-hirasato at 2012-10-29 06:53
んーん、
体力勝負ですね。
列車にも、
そんなに長く座っていられませんね。
学生のとき、
18切符で旅行したとき、
もう、二度とごめんだ、と思いました。
Commented by yaguchitenga at 2012-10-29 07:52
j-garden-hirasatoさん そうなんですよ。ただ、黙って座り続け、でかい身体なのに網棚で寝る印度人の体力には驚きました。私も東京ー福岡の新幹線5時間は嫌です。飛行機が2時間ぐらいなので、それで帰省してます。ヒトが座り続ける限界は多分3時間ぐらいだと思います。でも成田ーインドは直通で8時間でしたが、足を延ばせないので、きつかったです
名前
URL
削除用パスワード
<< バラタマータ 母なる大地 グル... バラタマータ 母なる大地 マハ... >>