バラタマータ 母なる大地 コーチン編1

グルワイユはケーララ州に属する町だった。日本を9月8日に出て10日が経ち9月18日になった。途中ミスもしたが
ここまでこれたので何とか安心。一人旅ってちょっと厳しいね。やはり、一人より二人、3人の方が安心だけど僕はインドに写真を撮る為に来たんだ。30年目の旅が出来るなんて思わなかった。と感慨深げになったけど。初の南インドの旅です。グルワイユを朝のバスで出て3時間コーチンに到着した。鉄道駅近辺の宿をさがしたが何故だか対応が悪く、もう一度地球の歩きかたを見直し海辺近くの安宿に泊まる事にした。この町はケーララ州の北端に位置する町で有名なのが、チャイニーズフイッシングネットと言ぅ独特の漁法で網を海中に沈め丸太で引き上げる仕組みになって海岸にズラリと並んでいる。そして、水郷地帯をめぐるアレッピーークイロンーコーチンとハウスボートで3日のバックウオータークルーズがあるのだが時間がないのでコーチンだけの半日クルーズにした.その写真は後ほどです。色々あって写真を撮る行動は次の日にして体を休める事にした。心と体が疲れてたら何もできないからね。写真は安宿から撮った5日間の朝の風景
d0185744_8591290.jpg
d0185744_91165.jpg
d0185744_914248.jpg
d0185744_922721.jpg
d0185744_93992.jpg
d0185744_94549.jpg
d0185744_905249.jpg

by yaguchitenga | 2012-10-30 09:05 | 写真 | Comments(6)
Commented by tomiete3 at 2012-10-30 18:45
南インドでも秋の空模様のようですね。。

   一人旅大変でしょうね。
Commented by yaguchitenga at 2012-10-30 20:17
tomiete3さん インドには季節がないのですが、6月に雨季に入って10月に終わります。秋の空模様なるほど気づきませんでした。空には境界がないようですね
Commented by ninja2005y at 2012-10-30 23:04
ですね~。

国内とは違い、なに一つするにしても
言葉という壁が先ず立ちはだかって
余計に疲れますもんね。

でも、それゆえの楽しさもあったりね。
Commented by yaguchitenga at 2012-10-30 23:52
ninjaさん そうなんですよ。印度人はサービスと言う言葉を知らない人種なんでね。特に列車に関しては車内放送が無いので周りに聞かないとわからないし特に列車、日本見たいにすぐ乗車できないのですよ。切符とコーチ番号を照らし合わせる作業がきつくてね。私は片言英語ですから空港に行くと係員の早口英語となまりに苦労しました。「英語しゃべれないのか」聞かれ面倒なので「まったくできない」と答えるしかないのですよ。普通の印度人はなまりがあるけどゆっくりしゃべるからいいですけどね。楽しかった事はホテルのレストランのスタッフと漫才したことかな。外人旅行者が、くすくす笑ってました。
Commented by a-ki_la at 2012-10-31 07:03
鉄道・航空と郵便事情、日本は世界1・2の優秀さかもしれませんね。
二枚目のピンクゴールドの雲が好きです。
こういう雲を見ると、ヨーロッパの宗教画を連想します。
Commented by yaguchitenga at 2012-10-31 07:41
a-ki laさん 30年ぶりの鉄道は変化なしでした。産業は発展したのに残念です。ピンクゴールドの雲が好きです。ありがとうございます。ヨーロッパの宗教画は独特の色ですよね
名前
URL
削除用パスワード
<< バラタマータ 母なる大地 コー... バラタマータ 母なる大地 グル... >>