バラタマータ 母なる大地 ブッダガヤ編3

山を下りたブッダが休息したと言われる樹齢2500年の古木パールとも言われているガジュマルを目指す。途中、車が入れないので。のんびりとした風景が続く道を歩くガイドに聞いてみた「今年の米の収穫はどうなの」「今年は雨が多くて農家の人は喜んでるよ」「そう、良かったね」
d0185744_8164952.jpg
d0185744_8181685.jpg
d0185744_8185018.jpg
農家の壁に牛糞が張り付けてある。牛糞も燃料になる。インドのエコだ
d0185744_821713.jpg
d0185744_8221158.jpg
d0185744_8225766.jpg
もうすぐだよ、この道をいったところにトトロの木と言われてるガジュマルがあるんだ。ガジュマルは次回です
by yaguchitenga | 2012-11-19 08:25 | 写真 | Comments(8)
Commented by risaya-827a at 2012-11-19 12:43
こんにちは^^
今回のお写真は異国情緒があってステキですねー♪
特に牛糞を壁に・・・なんて、日本じゃ信じられないですものね^^
そのお写真もステキです♪
Commented by チャボ at 2012-11-19 20:31 x
こんにちは。

素朴さが写真に現れていますが、そんな悠長な事を
言ってる場合じゃないんですよね。
インドは今でも身分制度の国ですね。富と貧困の
格差も著しいのでしょうね。滞在もお察しします。
Commented by yaguchitenga at 2012-11-19 22:16
risayaさん 
日本人から見るとエコは自然環境を重点してますが、これ貧しいからです。ガス高いのですよ。ただ、糞からガスが出る、自然を知ってるから出来ること。2000年前からの知識ですね。やはり2000年前の民衆などは米などをたいたり煮たり焼いたりしてた時は牛糞や他にも燃料になるものを使用してたと思います。写真のコメントにエコって書きました。で誤解招いたと思います。貧しいから昔の知恵を現在でも使ってるんです。ただ、牛糞をいや以外でも沢山集めたら凄いエネルギーになりますね。いま米の肥料は合成してますが昔は人糞だったんですよ。これも化学物質で育てるよりも健康にいいと思います
Commented by yaguchitenga at 2012-11-19 22:27
チャボさん 
貧しいが故の知恵ですね。多分インドの豪農に使われているんでしょうね。豪農は悠々自適の生活をしてると思います。インドには、まだ、まだ学校へ行けないし文盲の子供達がいます。可哀そうでしょうが身分制度がはびこっているので仕方ないですね。各国がインドのカーストに対して批判しないのは、各国のメンツでしょね。カーストを廃止すると、どうなるか、頭がいいのでそれぞれの力を知り、アメリカを追い越すでしょうね。0を発見した国ですからね。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-11-20 06:41
文明の利器が入らないだけで、
こんなのんびりとした風景になるんですね。
樹齢2500年とは…。
期待が高まります。
Commented by yaguchitenga at 2012-11-20 07:46
j-garden-hirasatoさん のんびりした風景でしたが、仏陀がここに立ち寄った時代はジャングルだったそうです。
Commented by kazu-sorashido at 2012-11-23 09:34
生活が垣間見えて良い写真ですね。
Commented by yaguchitenga at 2012-11-23 16:54
kazu-sorasidoさん ありがとうございます
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< バラタマータ 母なる大地 ブッ... バラタマータ 母なる大地 ブッ... >>