バラタマータ 母なる大地 バラナシ編2

撮影を終えて部屋が何処だかわからなくなり、恥ずかしながらホテルで迷いました。1日目部屋を2~3度ボーイに案内してもらったのです。物覚えが悪い日本人だと思われたでしょうね。安い部屋と高い部屋に分かれて、階に行く階段が違うのです。それを知らずに安い部屋の階段を上ったようです。迷路で迷い、ゲストハウスで迷う人も珍しいでしょうね。話がそれましたが、迷って僕の部屋を再度案内してもらおうと一階の受付に行ったらホテルのスタッフが呼び止めてきました。この、スタッフも日本語がうまいのです。無理強いしないし、ブッダガヤの人間より好きです。あんまり批判めいたこと書くとブッダガヤで買った数珠のパワーが落ちると行けないので止めますね。また横道にそれたようです。「ジャパン、夜のボートに乗らないか、君を入れたら7人になる、一人250ルピーでガンジスを案内するよ」僕を入れて250ルピーらしい。メンバーは僕を入れた日本人夫婦と韓国、台湾、ドイツのメンバーだった。6時から2時間のガンガークルージングで250は安いので参加することにした
d0185744_8441611.jpg
彼岸に続く月の光の道,南インドコーチンでは三日月だったけどバラナシに着いたら満月になってた。月を手持ちで撮れないので後日リベンジすることにした
d0185744_8473026.jpg
葉を舟形に形取り、ろうそくを乗せてガンガーに流す。祖先や神を敬い自分の輪廻を断ち切る事。それがプージャの儀式.ヒンデイは来世を信じない
d0185744_8514594.jpg
命の光が流れてゆく。そして、船は火葬場付近に止まり火葬の様子を見せてくれた。火葬場は撮影禁止なので撮れません。撮ろうとしても手持ちでは何が何だか分からなくなるでしょうね。ここでは24時間火が絶える事なく燃えている。
by yaguchitenga | 2012-11-30 08:59 | 写真 | Comments(2)
Commented by ninja2005y at 2012-11-30 23:27
イギリスには無いことですね~。

全然似てはいませんが
ウエストミンスターでは、国家に貢献した人達の
棺が多く収められてましたわ。

まあ、キリスト教では
ああいうのを死体ではなく、証明(生きていた)として
とらまえているとか・・・・・

でも、中に死体が・・・・・と思うと
あまり良い気持ちにはなれませんでしたけどね。
Commented by yaguchitenga at 2012-12-01 07:55
ninjyaさん 遺体は火葬しないのですか? 棺に入れて教会に保存しとくのもなんだかなあ、と思います。葬儀の仕方も国荷よって違うんですね
名前
URL
削除用パスワード
<< バラタマータ 母なる大地 バラ... バラタマータ 母なる大地 バラ... >>