バラタマータ 母なる大地 バラナシ編23

バラナシを立つ日プージャゲストハウスを12時にチエックアウトして荷物だけを預け、列車は夜7時頃だったので近くにある映画館へ映画を見に行った。題名は「BARFI]ポスターを見た時はアクションかコメデイだと思っていたら恋愛映画で、それも泣ける映画だったとは。内容は聾唖者と健常者の精神的不倫だったのだけど彼の父親が脳梗塞で倒れ家が貧乏だったので金を工面する為金持ちの女の子(同じ聾唖者)を誘拐するのだけれど、うまくいかず、彼女を連れての逃避行の日々。その間に父親が死んだり、聾唖者同士の恋愛にいたり、結局金持ちの家に連れ帰り親に承諾を受けて結婚することになる。ラストは年老いた二人が仲よく亡くなってしまうストーリーなのだが、冒頭から言葉も解らないのに何故か泣けてしようがなかった。まさか、バラナシが今日で最後だからかとも思ったりした。でもこの映画は泣かせる映画だった事は確かだ。アクション満載なボリウッド映画にしては珍しかった。見終わってラストのガンガーをレストランの或る屋上から見ようと思った。街に落ちる太陽を見たいと思ったのだ。日本で見る秋雲のような空が広がっていて時間までゆっくり僕は日没を見ていた。そして時間が止まればいいとも考えていた
d0185744_1716229.jpg
d0185744_17164255.jpg
d0185744_1717276.jpg
d0185744_1718156.jpg

by yaguchitenga | 2012-12-25 17:22 | 写真 | Comments(8)
Commented by a-ki_la at 2012-12-25 21:40
秋にこういう雲、見ますね。
縁日の綿飴を作る機械の中にフワフワしてるのみたいなやつ!
ラスト、すごーくキレイ。
Commented by ninja2005y at 2012-12-25 22:31
>>そして時間が止まればいいとも考えていた

あぁ~解りますよ。

また行きましょうよ!

すぐに・・・・・じゃなくていいじゃないですか。

私は3年後にまた行きますよイギリスに!
絶対に行きます。

そして、また3年後!

そうして、イギリス全土を少しづつまわるつもりです。
Commented by yaguchitenga at 2012-12-26 08:54
a-ki laさん 
発つ日ぐらい、のんびりすればいいのに、落ち着かないなあ俺って思ってたんですが、こんな空を見ると撮っちゃいますね。
Commented by yaguchitenga at 2012-12-26 09:00
ninjaさん 行きたいですねえ。特にブッキングの手違いで
行けなかった南インド最南端のカニャクマリにね。
いつになるか分かりませんが
Commented by risaya-827a at 2012-12-26 14:06
こんにちは^^
こう言う風景は忙しい中では気がつきませんね!!!
ホッとしたひとときに、ぼーっとして見ていたいものです♪
Commented by チャボ at 2012-12-26 14:51 x
たにやんさん、こんにちは。
夕焼けも朝焼けも何故か見つめてしまいます。
夕焼けや朝焼けは一日に一度しかないですもんね。
見晴らしがいいところのようで、視界には高層ビルとかほとんどないようですね。
Commented by yaguchitenga at 2012-12-26 18:10
risayaさん 
写真を撮っていると、ぼーっと風景をみるのが
もったいない気がします。貧乏性のかなあ。一度やってみたいですね。でも、シャッターチャンスが、、、。やはり出来ないようです。^^^
Commented by yaguchitenga at 2012-12-26 18:24
チャボさん そうなんですよね。一日に一回だけの朝焼けと夕焼け。次の日は又違う顔に変化して面白いです。冬は寒さを我慢しなければいけませんが。インドに高層ビルはないですね。特にバラナシは田舎町のヒンデイの聖地なので高層ビルはありませんでした。そのおかげで空が広いのです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< バラタマータ 母なる大地 おわ... バラタマータ 母なる大地 バラ... >>