柴又帝釈天の瑞龍の松

フイルムカメラ時代の6年前に初めて柴又帝釈天を訪れた事がある。立派な樹齢460年の松の古木があるとネットで知ったからだ。12月の師走に再度この松に会いに行きたいと思い再訪した。見事な樹形は6年前と変化なく手入れが良いのだろう元気な姿を見せてくれた。僕は松をいろんな角度から撮り廻った
ちなみに帝釈天は見事な木彫りの彫刻で有名なお寺である
d0185744_101189.jpg
d0185744_1014331.jpg
d0185744_1022247.jpg
d0185744_1025219.jpg
d0185744_104018.jpg

by yaguchitenga | 2013-01-27 10:06 | 写真 | Comments(10)
Commented by tomiete3 at 2013-01-27 14:44
今日は、
古木ですね。松の木の木肌が証拠ですね・・笑
 このくらいの松になれば枝もですが幹や木肌が貫録十分ですね
Commented by risaya-827a at 2013-01-27 16:53
こんにちは^^
柴又・・・と言うと、最近は、寅さんで有名なので、そっちを思い浮かべました^^;
こんなに見事な松があるのに。。。 (笑)
松はお手入れが悪いと枯れちゃうので難しいでしょうね、きっと!!!
Commented by yaguchitenga at 2013-01-27 17:29
tpmiete3さん はい、そうです
松の肌が凄く若いのです。説明に書き忘れたんですが
2月頃に日本酒を大量に幹にかけるのだそうです。

お酒は百薬の長と聞きましたが樹木にもいいのですねえ。
ただし人間は飲みすぎると肝臓を壊してしまいますが
Commented by yaguchitenga at 2013-01-27 17:33
risayaさん 久しぶりに2度目ですが行ってきました
松に無性に合いたくなってね。400年生きてる元気な松でした
お手入れは毎年2月に大量の日本酒をかけるそうです。
それが長生きの秘訣化も。
Commented by みどり☆そら at 2013-01-27 19:31 x
柴又帝釈天、3月に行く予定が出来ました
今まで一度も行ったことないので楽しみです。
駅周辺も良い雰囲気みたいですね!
Commented by ninja2005y at 2013-01-27 22:04
>>柴又帝釈天

寅さんですね~。
あの商店街もあるんでしょ?

見てみたいな~。
Commented by yaguchitenga at 2013-01-28 07:52
みどり☆そらさん 行かれるんですね。
いい枝ぶりの松でした。庭園も彫刻も良かったです。
撮影した後、鯉の味噌汁と鯉の刺身とウナギの刺身を食べて帰りました
Commented by yaguchitenga at 2013-01-28 07:55
ninjaさん 
そうです。でも映画は2作ぐらいしかみてないですね。
ロケに使われたお店「虎屋」もありましたよ

帰りは鯉の味噌汁に刺身、そしてうなぎの刺身を食べました
Commented by a-ki_la at 2013-01-29 21:24
ラストから二枚目、龍のウロコのようです。
年に一度大酒呑みに変身する龍、ですね。
Commented by yaguchitenga at 2013-01-30 08:53
a-ki laさん そうなんです。だから近づいて撮りました。
龍の姿に似ているのでその姿に例えて名前が付けられたようです。何故か去年から龍づいています。自分から撮りに行ったのもありますが偶然もありますねえ。不思議です。呼ばれてるのかな。オカルト話になりましたなあ
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 柴又帝釈天にて 東京の空4 おわりのはじまり >>