武蔵野紀行3

喜多院に行った時僕は正門からでなく裏の「泥棒橋」を渡って入った。橋の由来は忘れたが、てっきり川があると思っていたが予想は外れ起伏がある武蔵野の雑木林だった.中に入ると古木の桜の木があり木漏れ日を作っていた。
d0185744_6391723.jpg
d0185744_6393686.jpg
d0185744_6401022.jpg
d0185744_6403367.jpg
d0185744_641697.jpg
d0185744_6412959.jpg
d0185744_6415050.jpg

by yaguchitenga | 2013-08-07 06:42 | 写真 | Comments(16)
Commented by true-clear at 2013-08-07 08:41
おはようございます。
木の根っこを見ると、長い長い生命を感じます。
5枚目、男の人の左手に見えました。
森や林の中から見上げる空、大好きです。♪
ありがとうございました。
Commented by risaya-827a at 2013-08-07 09:43
おはようございます^^
おお、これは凄い☆
相変わらず、こう言う風景が目に飛び込んでくるyaguchitengaさん^^
きっと、木の方で呼び寄せているのかも? (笑)
Commented by kazu-sorashido at 2013-08-07 11:24
古木じゃないと こんな形 表情見せてくれませんよね
ながい年月かけて変わってゆくんでしょうけど
いろんな人間の歴史を見つめてきたでしょうね
5枚目ほんと左手大きく広げて何かを掴み取ろうと感じました。
Commented by tomiete3 at 2013-08-07 11:53
こんにちは、

  好きですね雑木林・・古木の根っ子・・
張り巡らした木の根・・まさに生きるための性
 山の空気感が包み込んでくれたでしょうね
Commented by yaguchitenga at 2013-08-07 18:43
true-clearさん
左手に見えましたか、
僕は人の顔に見えました
でも言われてよく見たら左手に見えました
何を掴もうとしているんでしょうか。
古木になると不思議な形になりますよね
暑くて、ふと見上げたら木々の間から雲が流れていたので
撮っちゃいました、
Commented by yaguchitenga at 2013-08-07 18:47
risayaさん
やはり呼ばれているんでしょうね
カメラマン冥利につきます
呼ばれる事は良い事です
写真を撮る手助けをしてくれてるように思います
Commented by yaguchitenga at 2013-08-07 18:49
kazu-sorashidoさん
5枚目は撮ってる時人の顔に見えたんです
言われてみると人の手のようですね
指もちゃんと5本あるし
手を大きく広げて何を掴もうとしてるんでしょうね
人の魂かな?
Commented by yaguchitenga at 2013-08-07 18:53
tomiete3さん
山と言うか、こんもりとした小さい丘のようでした
昔から鎮守の森と言われているように
雑木林には神様が宿っているのでしょうね
そして人の生活の手助けをしているのだと思います
Commented by みどり☆そら at 2013-08-07 21:03 x
夏の光をたっぷり含んだ
眩しいくらいの葉っぱが
とっても綺麗ですね〜
武蔵野、チョット行ってみたくなりました。
Commented by ninja2005y at 2013-08-07 22:24
5枚目、人の手みたいだね。
Commented by a-ki_la at 2013-08-07 23:00
広げた手の甲に見えます!!
皺くちゃでいっぱい働いてきて老いてイボも出来た手。
2枚目の折れて残った根っこにも惹かれます。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-08-08 05:21
歴史あるところに、
古木あり、ですね。
Commented by yaguchitenga at 2013-08-08 07:00
みどり☆そらさん
3枚目でしょうか?この葉っぱ、スポット光のようになって
綺麗でしたよ。武蔵野は良いとこです、お出かけください
Commented by yaguchitenga at 2013-08-08 07:03
ninjaさん
皆さん、そう、コメントされてますね
僕の場合、いぼが人の顔にみえたんですよ
言われてよく見たら、手に見えましたね
老人の手のようですね
Commented by yaguchitenga at 2013-08-08 07:09
a-ki_laさん
最初見た時、人の顔に見えたんですよ
手に見えるって皆さんがコメントされているので
よく見たら、手に見えますね
ほんとですね。老人の手ですね
きっと、歴史にまみれた手です
2枚目は命を全うしたんでしょう。でも、また
折れたとこから新芽が出て復活するんでしょうね
Commented by yaguchitenga at 2013-08-08 07:11
j-garden-hirasatoさん
古木たちはどのくらいの歴史を
見てきたのでしょうね
古木と会話出来たら面白いのにな
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行4 武蔵野紀行2 >>