武蔵野紀行4

川越喜多院を出て蔵造りの街並みへ行った。観光客や交通量が多く蔵全体が撮れないので珍しい瓦屋根など、上の方ばかり見ながら撮り歩いた。距離的に短い距離だったが江戸情緒にあふれていた
d0185744_7281191.jpg
d0185744_7282971.jpg
d0185744_728528.jpg
d0185744_7291457.jpg
d0185744_7294477.jpg
ドーム型の建物は「(埼玉りそな銀行」大正7年に建てられたそうだ
d0185744_7315485.jpg
d0185744_7322456.jpg
d0185744_7337100.jpg

やがて日が暮れはじめ町の街灯に明りが灯った
d0185744_7351934.jpg
d0185744_7353878.jpg

by yaguchitenga | 2013-08-08 07:37 | 写真 | Comments(12)
Commented by risaya-827a at 2013-08-08 09:42
おはようございます^^
初めて行った時に、意外と狭い範囲だなーと思ったけれど
でも、その一角だけは見応えがありましたねー♪
ホント! もう上ばっかり見ていましたよ、理彩也も。。。(笑)
Commented by yaguchitenga at 2013-08-08 21:15
risayaさん
狭い範囲でしたねえ、午後は逆光にもなるんで
難しかったあ、見応えはありましたが光が敵になりました
でも上を向いていたおかげで、面白い写真が撮れましたよ
Commented by チャボ at 2013-08-08 21:43 x
こんばんは。
いろんなカットがありますが、それぞれに味がありますね。
でも全て本当に江戸(東京)なんですね^^
Commented by ninja2005y at 2013-08-08 22:10
>>上の方ばかり見ながら撮り歩いた。

逆ですね~。
わたしゃいつも下ばかりみてます。
Commented by tomiete3 at 2013-08-09 04:17
おはようございます。
川越には・・江戸が残っているようですね。。明治かな

  小人の街だったのでしょうカン・・造りがしっかりしていますね
Commented by yaguchitenga at 2013-08-09 06:17
チャボさん
ありがとうございます
短い距離ですが江戸情緒が残っていましたよ
Commented by yaguchitenga at 2013-08-09 06:19
ninjaさん
いろんな撮り方があるんですよね
上を見てたおかげで面白い写真が撮れました
Commented by yaguchitenga at 2013-08-09 06:23
tomiete3 さん
建物の範囲は狭かったですが
楽しめました。もう少し先に行くと「大正浪漫街」が
或るそうなんですが時間が無かったので
行きませんでした
Commented by j-garden-hirasato at 2013-08-10 07:12
川越にも、
レトロな建物がありましたか。
何回か訪れましたが、
記憶に残っていません。
「観光客や交通量が多く…」
自分が学生の頃は、
蔵の保存が動き始めた頃で、
まだ、それほどではありませんでしたけど…。
Commented by yaguchitenga at 2013-08-10 07:16
j-garden-hirasatoさん
学生さんの頃は、保存に動きだした時期だったんですね
昔から観光化されてたと思ってました
じゃあ、人も少なかったでしょうね
Commented by a-ki_la at 2013-08-10 09:00
観光地だから人が多いのは結構なことですが、車が多くて
うんざりした記憶があります。
生活道路というよりは、観光バスやタクシーが多かったような?
同じく上ばかり見ていましたね。
道の反対側から引いて撮ろうとしても、ひっきりなしに車が通るので全然ダメで。
川越に限らず、鎌倉なども似たような問題を抱えてますね。

たばこ屋さんのパイプ看板には気がつかなったですよ。
ワタシ的には「川越の竹下通り」と言われているエリアが楽しかったです。
Commented by yaguchitenga at 2013-08-10 09:22
うんざりでしたか、喜多院はヒトが少なく良かったです
この通り、なんとまあ、はた迷惑な観光客がいまして
多分、中国人かと思われ、ミニ三脚を使い自分撮りしてました
車がひっきりなしなのに、一体何考えてんだかね
僕の場合、望遠を使用しました。上をみてばかりいたので
ラッキーな空が見れましたよ
鎌倉はヒトが少ない所を選んで撮影してますがね

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行5 武蔵野紀行3 >>