鋸山 磨崖仏のある風景

鋸山は房州石の産地であり江戸から明治にかけ建築用材や護岸工事の為に切り出され使用された
他にも、もう一つの顔がある。西暦725年に行基によって開かれた霊山の顔があると云う事だ
僕が此処へ来た理由は日本寺にある、インドのブッダガヤから分け木された菩提樹があると知り、再会をしたく行ったのだった。しかし残念ながら菩提樹は枯れなくなっていた。日本寺の人に聞くと「印度菩提樹は寒さに弱いのと、何とか育てたのだけど鹿のエサになり枯れてしまったんだよ」とのこと。僕は去年インドに行った時ブッダガヤに行き菩提樹を見ている。再会とはならなかったが、その他にも山岳仏教としての鋸山の凄い景観を見せて貰えた。ブッダガヤの記事はこちらです。http://yaguchiten.exblog.jp/17226846/です
d0185744_7532479.jpg
d0185744_7534246.jpg
天明3年に岩山に大勢の人を使い3年かけて掘られた大仏。その後風雨にさらされ朽ちかけていたが昭和41年から4年にわたり修復されたそうだ。合掌
d0185744_7594944.jpg
d0185744_801466.jpg
d0185744_805384.jpg
d0185744_812135.jpg
d0185744_815417.jpg
d0185744_821937.jpg

d0185744_84714.jpg
見る者達を圧倒させる1500羅漢。昔の人のエネルギーを僕は貰った気がした
by yaguchitenga | 2013-08-14 08:07 | 写真 | Comments(10)
Commented by kazu-sorashido at 2013-08-14 10:02
菩提樹は残念でしたが 自然の中に居座る大仏
洞窟の羅漢すごい所ですね
観光客はあまりいないんでしょうか
Commented by yaguchitenga at 2013-08-14 10:14
kazu-sorashidoさん
印度繋がりの菩提樹見たかったですね
寒さに弱いとは知りませんでした
この巨大な大仏を見たら大分の国東半島で見た
岩に掘られた巨大な磨崖仏を思い出しました
観光客は結構いましたよ
ただ暑いのでそんなに見て歩く人は
いなかったような気がします
もう、歩くだけで大汗でした
Commented by チャボ at 2013-08-14 17:47 x
こんにちは。
一途な人の信念は岩をも通す・・・でしょうか。
そこまで突き動かすものはなんなのでしょうね。
信心深い人の魂を見る思いがしました。
Commented by true-clear at 2013-08-14 17:49
素晴らしい磨崖仏ですね!
凄いです…
ブッダガヤの菩提樹が日本にあった話もビックリです。
実家が京都の浄土宗のお寺で、高校も大学も、浄土宗の学校だったので、色々学びましたが、その菩提樹の話は知りませんでした…
3.4.6.枚目なんて、ホントに凄いです。
ちなみに、いつかルンビニーに行きたいなあ、って思ってます。(^^;)
ありがとうございました。
Commented by a-kkiee at 2013-08-14 21:31 x
菩提樹、残念でしたね。
でも、鹿に食べられたものが鹿フンに混じってどこかへ運ばれ
根づいて目を出し、鋸山のどこかでひっそり育っている、
かもしれませんよ。
輪廻、命は廻るのでしたか。

正面と横顔、顔の表情が全然違って、別の仏さまのように見えます。不思議ですねー!
Commented by WWMC at 2013-08-14 22:26
うわあ、これは凄いです。鋸山という名前も、こんな山のあることも
ついぞ知りませなんだ。秘境というにふさわしい場所ですね。
珍しい風景をありがとうございます。
Commented by yaguchitenga at 2013-08-15 06:53
チャボさん
何人もの人間が集まって掘ったのでしょう
信心深い人達が作り上げた芸術ですね
本当に魂がこもっていると思います
Commented by yaguchitenga at 2013-08-15 07:07
true-clearさん
菩提樹は平成元年に植えられたそうです
分木が外国に出るのは初めてで成長過程に寒さと
鹿の被害に遭い枯れてしまったそうです
実家が浄土宗のお寺なんですね
僕も高校が京都の大学と姉妹校の龍谷なんですよ
決してお坊さんになるつもりではなく、ここしか行けなかったのです
僕もブッダの生誕地、ネパールのルンピニーに行って見たいですね
菩提樹には再会出来ませんでしたが立派な大仏が
見られて良かったです。羅漢さん達風雨にさらされて
朽ちかけても座す姿が素晴らしかったです
Commented by yaguchitenga at 2013-08-15 07:18
a-kkiee さん
菩提樹見たかったですね
菩提樹が寒さに弱いとは知りませんでした
育てるのが厳しい環境だったのでしょう。
そういった環境でちょっとだけ成長して鹿の被害にも遭ったようです
鹿によって運ばれ、運が良ければ山中で芽を出してくれてれば
幸いですね。輪廻は周っていると思います
もし成長しているのであれば寒さに強くなっていて欲しいです
横顔と正面の顔、確かに違って見えますね
掘った人々の魂が宿っているのでしょう
Commented by yaguchitenga at 2013-08-15 07:24
WWMCさん
鋸山は前から知っていたのですが
筑波山と同じで、ちょっと馬鹿にしてたのです
印度からの菩提樹の分木があると知って行ったのですが
いやはや、凄い景観でした。お天気は悪かったのですが
それなりに撮れたと思います
秘境と言われたコメントで、秘境であるがゆえに
此処に日本寺が建てられ磨崖仏が掘られたのだと思います
素晴らしい景観でした
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 鋸山の大地 鋸山の空と海 >>