伊豆大島の空と大地2

やがて太陽は雲の間から再び姿を現した。
d0185744_6283459.jpg
d0185744_6285268.jpg
d0185744_6292742.jpg
それは幻想的な瞬間だった
d0185744_6362817.jpg
d0185744_6365963.jpg

穏やかな波と光
by yaguchitenga | 2013-09-20 06:33 | 写真 | Comments(8)
Commented by j-garden-hirasato at 2013-09-20 07:04
伊豆大島の日の出、
いいですねえ。
大学の卒業旅行と称して、
伊豆大島を考えたことがありますが、
実現しませんでした。
Commented by yaguchitenga at 2013-09-20 07:11
j-garden-hirasatoさん
昇る前とか途中で雲があり、大丈夫かなあ、と思いましたが
幻想的な風景でした。途中、ちょっと、あたふたしましたが
朝日が撮れてラッキーでした
卒業旅行で考えたんですね
是非時間を取って行ってみてください
スゴイ風景が見られます
Commented by true-clear at 2013-09-20 08:37
おはようございます。
素晴らしい光景に出合われたんですね。
最初の3枚、感動しました。
朝日の光でキラキラ輝く海、美しいです。

ありがとうございました。
Commented by ninja2005y at 2013-09-20 22:34
最後の写真、かなり違うけど
鴨 長明の方丈記
ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。

を思い出しました。
何故だかは不明~。
Commented by a-kkiee at 2013-09-20 23:04 x
夜出発でお出かけになったのは伊豆大島でしたか。
今度は東京の一番南ですね。
日本古来からの太陽信仰はワタシのDNAにも埋まってるのかもしません。
何度も繰り返し拝見しました。
ラスト2枚の抑えた金色も渋くて、素晴らしいですね。うっとり♪
Commented by yaguchitenga at 2013-09-21 06:53
true-clearさん
最初のは龍に見えて3枚目は太陽を呑み込もうと
しているように見えました
日本古来の竜神伝説を見た思いです
大げさかな
ありがとうございます
Commented by yaguchitenga at 2013-09-21 07:05
ninjaさん
鴨長明は吉田兼好,清少納言と並ぶ三大随筆家だそうですね
ウイキさんで調べました^^
私も吉田兼好の「徒然草」を思い出しました
つれづれなるまゝに、日ぐらし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ
Commented by yaguchitenga at 2013-09-21 07:17
a-kkieeさん
東京の島に渡ったのはこれで2回目
最初は八丈島でした。この島は飛行機でした
八丈富士に行った時は風雨で大変な思いをしました
良き思い出ですが、太陽信仰は僕のデボキシリボカクサンにも埋め込まれています。DNAは略語です
ラスト2枚お褒め頂き有難うございます
ちなみに波の写真10枚ぐらい撮ってしまいました
名前
URL
削除用パスワード
<< 伊豆大島の空と大地3 伊豆大島の空と大地1 >>