日比谷公園の首賭け銀杏

何年前だったろうか、日比谷公園に古木の銀杏があると聞いて夏頃撮りに出かけた事がある。今回「首賭け銀杏」の黄葉を見たくなり行く事にした。公園は銀杏並木で素晴らしい雰囲気を見せていた。「首賭け銀杏」の云われは明治32年道路を拡張する為、大銀杏が伐採されようとした時公園の設計者である本田静六博士が「首を賭けても移植する」と言って松本楼のテラス付近に移動させたそうで以後、銀杏の樹勢は衰える事無く現在も素晴らしい黄葉を見せてくれている。
d0185744_7465474.jpg
d0185744_7471771.jpg
d0185744_747384.jpg
樹齢350年の古木銀杏
以前の夏の首かけ銀杏の記事はこちら
http://yaguchiten.exblog.jp/14114095/です
by yaguchitenga | 2013-12-10 07:48 | 写真 | Comments(8)
Commented by true-clear at 2013-12-10 08:59
おはようございます。
素晴らしいイチョウの樹、年代ものですね。
首かけ、始めは誰かが首を吊ったのかと思い、ドキッとしました。^^;
でも、本田さんのおかげで、いまも成長し続けているのですね。
樹は魂がある、とか、山の神様とか言われているので、簡単に伐採してはいけないですよね。
ありがとうございました。
Commented at 2013-12-10 09:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomiete3 at 2013-12-10 12:10
こんにちは

大きな銀杏の木ですね

移植されて助かったのですね・・・
むやみに切り倒しては木の精に
たたられますからね
Commented by yaguchitenga at 2013-12-10 18:59
true-clearさん
驚かせてしまったようですいません
賭けをひらながにしたのが悪かったようですね
本田博士の熱意が今日まで命が伸びたのでしょうね
日本の政治家もこの人を見習って貰いたいものです
Commented by yaguchitenga at 2013-12-10 19:06
鍵コメさま
お褒め頂き恐縮しております
拝見いたしました。やはり、ヤフーのトップでした
人を撮るのが流石に報道の方だけあって見習う事が
沢山ありました
報道カメラマンで好きな人がいます
戦争カメラマンの沢田恭一さんや一之瀬泰三さん(この方は私の郷里の方です」ロバートキャパさんなどです
インドへは藤原新也さんの写真に魅せらて旅をしてしまいました
Commented by yaguchitenga at 2013-12-10 19:11
tomiete3さん
移植されて助かった命が今日まで
見られるなんて凄い事ですよね
明治を生きた本田博士に男を感じました
Commented by ninja2005y at 2013-12-10 22:58
>>「首賭け銀杏」

あービックリした。
首つりでもあったのかと思いました。(爆)
Commented by yaguchitenga at 2013-12-11 07:03
ninjaさん
お騒がせしましたね
すいませんです^^^
名前
URL
削除用パスワード
<< 秋色風景7 武蔵野紀行18 >>