樹木のポートレート

久々に「樹木のポートレート」のタイトルでアップします。タイトルのきっかけは、ある日冬枯れの桜並木を自転車で通っていたら、ちらっと見えた樹が動物の顔に見え引きかえして撮ったのが、きっかけです。それが僕が森を撮るスタートになったのです。アップした写真は11月上旬の日比谷公園です。黄葉した「首賭け銀杏」を撮りに出かけた時です。まだ紅葉に早く、ぶらぶらしてたら出合った樹でした
d0185744_7384529.jpg
頑固親父がきかんぼうの子供に、げんこつしているように見えた
d0185744_7405090.jpg
動きたいけど動けない、でも背中が痛いなあと背筋を伸ばしているような立ち姿。樹の姿から色々想像します
by yaguchitenga | 2013-12-13 07:44 | 写真 | Comments(10)
Commented by a-ki_la at 2013-12-13 08:23
この2枚は同じ樹なのですね。
光の違い、画角の違いで見え方が全然違うということに
改めて驚きます。
Commented by true-clear at 2013-12-13 09:18
おはようございます。
ここの樹木も凄みがありますね、樹齢も気になる…
想像すると、ホント楽しくなりますね。あたしもよくします。^^
1枚目の丸い光が綺麗です。
2枚目の枝が3つに分かれている所に、座って見たくなりました。♪
ありがとうございました。
Commented by risaya-827a at 2013-12-13 10:10
おはようございます^^
そうなのよね、、、
長く生きている樹木は、いろんな表情があってジックリ見ると面白いです♪
お天気の良い日にお散歩がてら
そんな表情の樹木を探すのも良いかな? (^^)
Commented by チャボ at 2013-12-13 13:33 x
こんにちは。
樹木には様々な枝ぶりがありますよね。
楠は結構どこでも見かけて、独特の枝ぶりが見られます。
この木の香りも独特ですね。枝などを切ると香ってきて
覚えています。
枝ぶりは大動脈にも毛細血管にも見えました^^
Commented by yaguchitenga at 2013-12-13 18:34
a-ki_laさん
同じ樹でアングルを横と縦にしましたが
変われば変わるもんですね
1枚目は標準ズームで17mm、2枚目は魚眼ズームで
11mmです。
画角の違いで面白い表現が出来ますね
大体樹を撮る時は超広角が多いです

Commented by yaguchitenga at 2013-12-13 18:39
true-clearさん
かなりの古木だと思いますよ
枝分かれが凄いしね
丸い光が気になってPCで消そうとしたけど
無理でした。丸い光綺麗ですか
ありがとうございます。フレアーも時により
効果を発揮しますね
樹に座りたいですか、お転婆ですねえ
Commented by yaguchitenga at 2013-12-13 18:41
risayaさん
古木は個性的で面白い樹形をしてますよね
人の顔にみえたり不思議ですが
太陽の光に当たろうとして、こんな風になったんでしょうね
Commented by yaguchitenga at 2013-12-13 18:44
チャボさん
楠木の枝を切ると香りがするんですね
初めて知りました。あまり樹木の香りを
嗅いだ事がないので今度、やってみようかな
ただ、少し鼻が悪いので臭いが解るかどうかですが
Commented by ninja2005y at 2013-12-13 22:15
>>きかんぼうの子供

フムフム・・・・・たにやんのことですね?
((((((((((((((((タタタタタッ ヘ(* - -)ノ
Commented by yaguchitenga at 2013-12-14 07:16
ninjaさん
確かに、子供の頃は
きかん坊でした^^^
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 東京の空1 名も知らぬ花 >>