水辺にて

去年の在庫からです。水辺を漂う鯉や鳥、物思いにふけってそうな、ペリカン。上野動物園とか、外猫のしぐさを見ていると、人間も同じようなもんだなと思ってしまった。自由がありそうで不自由。それでいて、不思議に癒されてしまう
d0185744_17544175.jpg
d0185744_17551982.jpg
d0185744_175652.jpg

by yaguchitenga | 2014-01-28 17:56 | 写真 | Comments(6)
Commented by a-ki_la at 2014-01-28 21:11
すごいですねー 鯉のギョロ目。
ワタシも自分が弱ってる時はどうも動物を見てしまいます。
自分より小さくてふわふわしてるものに特に目が行っちゃう。
もし動物園がなかったら、Top画のミカドガンなどは
北極圏に行かない限り、一生知ることがないですもんね。
「園」の動物たちにせめてもの感謝で、
せっせと入園料を払っています。(笑)
Commented by j-garden-hirasato at 2014-01-29 06:43
鳥には表情も感情もありませんが、
なぜか人間と重ねて、
いろいろと思いを馳せてしまいますね。
Commented by true-clear at 2014-01-29 08:12
おはようございます。
毛並みまで綺麗にジャスピンで、凄いです。
自由そうで不自由…でも癒されてしまう…ホントそうですよね。
2枚目の鯉、水中なのに綺麗に撮られていて、流石です。♪
ありがとうございました。
Commented by yaguchitenga at 2014-01-29 18:46
a-ki_laさんミカドガンは北極圏にしかいないんですか
知りませんでした。博識だなあ。それにしても
暖かい日本に連れて来られても順応してしまうなんて
凄いですね。
Commented by yaguchitenga at 2014-01-29 18:51
j-garden-hirasatoさん
そうですよね。不思議と、野生だと自分で餌を探さなきゃ
いけないし、飼われてると餌は人から貰う事が出来る
どっちがいいのでしょう
Commented by yaguchitenga at 2014-01-29 18:56
true-clearさん
いや、もうカメラ任せですよ
自由そうで不自由
人もそうですよね。でも制約があるから
何とかしようと思うのでしょうね
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 路地裏のスカイツリー 東京の空18 >>