武蔵野紀行5

武蔵野の本郷大地を浸食した谷に湧出する泉、三四郎池は加賀藩邸の庭園の一分で正式名称は育徳園心字池。江戸第一の名園だったそうで度重なる災害から生き残ってきた。新緑の三四郎池を巡る散策は今回で終わり。寂しい気もするが森の自己主張が見られて良かったし去年の秋は紅葉を撮ったので今度は冬の季節に再訪してみたいと思った
d0185744_1841534.jpg

d0185744_18413638.jpg
d0185744_1842154.jpg
d0185744_18422383.jpg
d0185744_1843017.jpg
d0185744_1844227.jpg
この赤い花は何だろうと調べたら「サンゴジュ」に似ていた
d0185744_18471461.jpg

最後に立派な新緑のトンネルを撮って僕は帰路についた
d0185744_18493927.jpg

by yaguchitenga | 2014-05-15 23:06 | 写真 | Comments(10)
Commented by j-garden-hirasato at 2014-05-16 06:50
赤い花は、
「ベニバナトチノキ」ですね。
トチノキは普通白い花ですが、
赤い花のもあります。
こんな大木が三四郎池にありましたか。
この季節、
気持いいんだろうなあ。
Commented by true-clear at 2014-05-16 09:18
おはようございます。
サンゴジュは、お花は小さな白いお花で、そのあと、
真っ赤な実をいっぱい付けるので、何のお花だろう・・・
って思っていたら、↑↑ベニバナトチノキだったんですね。
勉強になりました。♪
三四郎池シリーズが終わるのは、少し寂しいですね。
次は冬に見せてもらえるんですね、楽しみにしていますネ。^^
ありがとうございました。
Commented by yaguchitenga at 2014-05-16 18:32
j-garden-hirasatoさん
教えて頂いてありがとうございます
高木に咲く赤い花で調べたら
サンゴジュに似ていたんですよ
「ベニハナトチノキ」ですか
改めて調べたら、そうでした
ベニハナトチノキは確か三四郎池の入口付近に
立っていました。その近くが時計台でした
この木は僕には初見でした
Commented by yaguchitenga at 2014-05-16 18:38
true-clearさん
j-garden-hirasatoさんに教えて頂けなければ
サンゴジュと勘違いするところでした
しかし、似てたなあ
冬の葉が落ちた銀杏の木を見たいんですよ
変でしょ。三四郎池の方は落葉樹が少ないみたいなので
針葉樹と比べてみたい気もしてます
雪の三四郎池も面白そうですね
でも寒そうだし交通機関が多分マヒしてるかもです
Commented by risaya-827a at 2014-05-16 19:16
こんにちは^^
一枚目の緑が透き通って爽やか~☆
これからはお花だけではなく、こうした葉も絵になりますね♪
赤い花はベニハナトチノキで、足利FPにもありますよ^^
Commented by a-kkiee at 2014-05-16 21:21 x
いろんな「緑」がある3枚目が好きです。
種類が違うから当然かもしれないけど、葉っぱの緑ってこんなににも
諧調豊かなんだなぁと興味深く拝見しました。
Commented by ninja2005y at 2014-05-16 22:34
>>今度は冬の季節に再訪してみたいと思った

寒いよぉ~。
と言いながら、私は街を歩いてるんですけどね~。
Commented by yaguchitenga at 2014-05-17 07:51
risayaさん
三四郎池にある森は深すぎず、浅すぎず
良い具合に光が遮られる事無く射してました
他の森と違い撮りやすかったです
ベニハナトチノキは初見でした
遠くから見ても目立ちました
足利にもあるんですね
Commented by yaguchitenga at 2014-05-17 07:55
a-kkieeさん
光の射し方によって、みどりの葉の色が薄かったり
濃かったりしてました
高木が少ないからかもしれませんけど
丁度良い森の形成で十分に光が
周ってるせいかもしれませんね
Commented by yaguchitenga at 2014-05-17 07:57
ninjaさん
夏になったら暑いよー、と言いながら
町を歩いてるんでしょうね
この時期は歩きやすそうでしょうね
名前
URL
削除用パスワード
<< 東京の空4 武蔵野紀行4 >>