東京の古木

東京練馬区の白山神社に樹齢約900年と推定される大ケヤキがある。永保3年(1083年)、源義家が「後三年の役」で奥州へ向かう際、戦勝を祈願してこの白山神社に奉納したものと伝えられている。
樹高19メートル、幹周り8メートルの大きさで、平成8年3月に国の天然記念物に指定されたが落雷や樹幹の
空洞化が原因とかいろいろな病気で
衰弱したが樹木医の長年の治療で徐々に樹勢を回復しているそうだ。縁があり生まれた命が900年。恐れ入る年月でもある
d0185744_18544530.jpg

まるで空に向かって雄叫びを上げているような姿だ.(反対側からの撮影です)
d0185744_18565578.jpg

落雷の後が生々しく、怪物の顔にも見え夜など知らない人が見たら驚くに違いない
d0185744_191425.jpg
d0185744_1912930.jpg

by yaguchitenga | 2014-10-22 23:01 | 写真 | Comments(6)
Commented by j-garden-hirasato at 2014-10-23 06:33
迫力がありますね。
神が宿る、
と信仰の対象になるのも分ります。
樹皮の形も、
それに拍車をかけています。
Commented by true-clear at 2014-10-23 09:15
おはようございます。
900年って。。。凄いです。ゾクゾクして、どの画もため息モノです。
衰弱してしまった樹木は残念だったけど、ちゃんと守ってあげている方々がいらっしゃるのにも驚きです。
木には魂がある、ってよく聞きますから、ずっと雄たけびを上げていて欲しいですね。
↓↓オロナミンCやボンカレー、懐かしい~!
つい先日、キドカラーのシャッターを見た時も、懐かしかったです。^^
ありがとうございました。
Commented by yaguchitenga at 2014-10-23 19:11
j-garden-hirasatoさん
人が歳を経ると顔に深いしわが刻みこまれるように
樹木にも900年の歴史が刻みこまれるようですね
無言だから余計どんなものを見て来たのか
興味が出てきますね。
Commented by yaguchitenga at 2014-10-23 19:19
true-clearさん
900年の歴史の中で御神木として
崇められて人が手厚く保護をしてきたのでしょう
木に人の念が伝わりそ900年の歴史を生きて来たのだと思います
昆ちゃんやボンカレーの御姉さん好きでしたね
ボンカレーの御姉さんは時代劇によく出てました
お亡くなりになりましたけどね
キドカラーは懐かしいなあ
初めてテレビがカラーになった時のメーカーが
記憶にございません
Commented by ninja2005y at 2014-10-23 22:25
やっぱりアレですか?
樹皮がなく幹が露出してるところが黒く見えるのは
腐食を防ぐ薬剤か何かのせいでしょうか?
Commented by yaguchitenga at 2014-10-24 18:15
ninjaさん
どうなんでしょうかね。樹木医に聞かないと解らないです
僕には黒焦げの後に見えましたけどね
痛々しい姿でしたが、凄い樹木でした
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 樹木のポートレート1 京島スナップ >>