樹木のポートレート2

去年、東京は品川の御殿山辺りを歩いていて発見した樹木。事務所か民家の花壇に
立っていた百日紅に似ていた樹木の表情が、少し不気味に見えアングルを変え撮った
うろが老人のしわのようにも見え、1度目のインドで見た山岳地帯のラダックの人々に深く刻まれたしわを
思い出した。深く刻まれた彼らのしわは乾燥地帯で生きる証明なのかも知れない
d0185744_8505239.jpg



d0185744_851956.jpg
d0185744_85126100.jpg

うろは樹洞と言われ、樹皮がはがれて木のなかが腐るなどして隙間が開き、できた洞窟状 の空間をいう
by yaguchitenga | 2014-10-25 08:56 | 写真 | Comments(6)
Commented by true-clear at 2014-10-25 11:01
こんにちは。
よそのお宅で無断撮影ですね。(笑)
それにしても、コレもまた奇妙な形の樹木ですね。
東南アジア系のお年寄りの顔とか、魔女の顔みたいです。
インドは、いつか行きたい憧れの地です。
カレー専門店に行けば、インド人には会えるんですけど。^^
洞窟状の樹木の空間を見た事はありますが、うろ、って言うんですか。
また一つ賢くなりました。
ありがとうございました。
Commented by yaguchitenga at 2014-10-25 18:36
true-clearさん
そうなんですよ。民家にこんな古木があるなんてねえ
びっくりでした。
<魔女の顔みたいです>
そうなんです。しわが深いおばあちゃん達が
特に山高帽被った姿が、そう見えました
宿のおばあちゃんが可愛かったなあ
日本のインドカレー屋は、ちょっっ高いですね
チャイとかラッシーとか本場が美味しいです
うろは僕のブログに来てくれる方から教えて貰ってたんですがね
調べる事はしませんでしたが疑問を抱いた方がいらして
検索したんですよ。僕も賢くなりました
此処で詳しく書くと長くなるので簡潔にしました
ウイキ君はえらいですね
Commented by ninja2005y at 2014-10-25 22:17
で、このウロに虫が住み着いてたりするんですよね~。
Commented by a-ki_la at 2014-10-25 22:30
2枚目はそのまんま老人の顔ですね。
目鼻耳があって、開いた口から前歯が2本出ていて、ケケケッて笑ってますぅ。
この木、上はないのですよね?
一部石化するほどに古いから、切ってしまったけど残りを大事に
保存してあるように感じました。
Commented by yaguchitenga at 2014-10-26 07:26
ninjaさん
此処のお宅の樹木に虫がつくかどうか
解りませんけど、夏になったら,カブトムシとか
いるんでしょうね
Commented by yaguchitenga at 2014-10-26 07:31
a-ki_laさん
2枚目、そんな風に見えますね
夜になってライトで、その部分だけ照らしたら
不気味だろうなあ
3枚目は永井豪原作の「デビルマン」に似てました
あくまで、テレビアニメの方でなく原作の方です
<この木、上はないのですよね
どうだったでしょう。記憶にございません
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行1 樹木のポートレート1 >>