武蔵野紀行17

                      小石川後楽園に行った当初は晴れ間だったのが徐々に
                      小雨がポツリ、ポツリと降り出したのだが何とか持ちこたえてくれた
                      時折覗く太陽に大半が助けらながらの紅葉撮影だった
d0185744_8345989.jpg
 
d0185744_836081.jpg
d0185744_8363847.jpg
d0185744_8372377.jpg
d0185744_838116.jpg
d0185744_8384874.jpg
d0185744_839285.jpg
d0185744_8401234.jpg

by yaguchitenga | 2014-12-20 08:41 | 写真 | Comments(10)
Commented by true-clear at 2014-12-20 09:09
おはようございます。
1枚目の樹の小さな沢山の小枝が、葉っぱが無いからはっきり見えて面白いです。
2枚目の苔、綺麗な色ですね~、苔にも種類が沢山あって、興味深いです。
こんな広い庭園、お散歩にはもってこいで、犬でも連れて歩いてみたいです。
ラストは秋に咲く桜なんですか?とても可愛いですね~♪
ありがとうございました。
Commented by tomiete3 at 2014-12-20 09:38
おはようございます。

何よりお天道様様でしたね。
 整備された公園・・見る価値がありますね。
小石川公園・・名前だけは聞いていました。
Commented by yaguchitenga at 2014-12-20 17:27
トップは枯れ木のバックと紅葉に惹かれて
撮ってみました。2枚目は石に張り付いたコケが
気に入り撮りました。石はコケが好むような
水分が沢山あるんでしょうかね。綺麗な苔でした
この庭園は犬連れは禁止だと思いますよ
犬連れの人は見かけませんでした
散歩どころか結構広いので運動になりますね
桜です。一輪だけ咲いてて雨に濡れた姿が
けなげでした
Commented by yaguchitenga at 2014-12-20 17:30
tomiete3さん
ほんと、空に感謝の日でした
前日の土曜日は所用で雨の中出かけたんですが
所用が終わったら晴れて来て、びっくりでした
おかげで、今まで行った事が無い場所に行けました
Commented by みどり☆そら at 2014-12-20 19:35 x
赤い葉と枝のコントラストが
素晴らしく良いですね〜
曇っているのが
しっとりしていてとっても綺麗です!
苔も色鮮やかで良いですね
私も今度、苔を撮ってみようと思います。
Commented by ninja2005y at 2014-12-20 22:36
これ・・・・晴れてたら良かったのにね。
Commented by a-ki_la at 2014-12-21 08:05
ドン曇りの日のマットな赤もしっとりと映って良いもんですね。
曇天を極力入れない画面いっぱいの切り取り、勉強になります m(__)m
雪吊りの縄越しの画も面白いです。
菖蒲の季節の頃は、池の水を抜いたり、手すりにペンキ塗りをしていたりで
あちこちブルーシートが見えていたのですが、終わったようですね、工事。
Commented by yaguchitenga at 2014-12-21 08:56
みどり☆そらさん
トップ画は紅葉と枯れ木を対比させて
撮ったんですよ。枝がやたら気になって
何枚も撮ったんです。
曇日に見る紅葉も、ほんと、しっとりしてますね
池側だったから余計に感じてしまいますね
苔も小雨がぱらついている時にとったから
良い感じにグリーンが出てくれました
そらさんもぜひコケを撮ってみてくださいな
Commented by yaguchitenga at 2014-12-21 08:58
ninjaさん
晴れてると良かったですね
でも曇日に見る紅葉も素敵でした
小雨がぱらつきましたけど
それで、しっとり落ち着いたと思いました
Commented by yaguchitenga at 2014-12-21 09:11
a-ki_laさん
画面に空を入れないで撮る。勉強になるなんてありがたきお言葉です。僕の方も勉強させてもらってます
人が沢山いて望遠を多用したんですよ
三脚は混雑してるだろう、と
持って行きませんでした。昼頃出たんですが
入口は行列してました。フイルムレンズの望遠なので
重かったですね。しかし、桜の季節同様に紅葉の曇日も、しっとりしていいもんですね
ショウブの季節に行かれたんですね。その時は
工事中だったとか、知りませんでした
名前
URL
削除用パスワード
<< 武蔵野紀行18 武蔵野紀行16 >>