武蔵野紀行20

今度は紅葉を撮り歩きながら撮った古木や庭石などの写真です。中々見応えがある小石川後楽園の森だった

                                            
d0185744_831998.jpg

                     
d0185744_8314793.jpg
d0185744_8321453.jpg
d0185744_8324447.jpg
d0185744_8334133.jpg
d0185744_8342610.jpg

d0185744_8372559.jpg
光圀が文学に目覚めて作った八卦堂跡。関東大震災で焼失した
d0185744_8404622.jpg
かたわらにあった苔むした瓦?
d0185744_842544.jpg
d0185744_8433495.jpg
d0185744_8441761.jpg
d0185744_8443851.jpg

by yaguchitenga | 2014-12-23 08:46 | 写真 | Comments(14)
Commented by yuta at 2014-12-23 12:08 x
こんにちは
太い張り出した根と苔が長い年月を物語ってますね
Commented by risaya-827a at 2014-12-23 13:30
こんにちは^^
yaguchitengaさんの行くところには
こうした風景がいっぱいで凄い☆
理彩也が行っても、全然目に入らなかった!!!
Commented by a-ki_la at 2014-12-23 18:21
木の根っこに顔とか手足とかいろんなものが見えますけど、
ラストから3枚目、幹の上の方に、口を大きく開けた顔がありますね。
こっち見てます...
それにしても、こんなに根が出ていて倒れないんでしょうか?
Commented by チャボ at 2014-12-23 20:45 x
たにやんさんお久しぶりです。
長らくご無沙汰してしまいましたが相変わらず、
見る人に迫力と感動を与える写真ですね。

今年も残り僅かとなってしまいましたが、
今後も感動をもらいに伺いたいです。
Commented by ninja2005y at 2014-12-23 22:54
一枚目、タコの足みたいっすね~。(笑)
Commented by j-garden-hirasato at 2014-12-24 05:59
東京に残された大名庭園、
別世界ですね。
太古の森のような雰囲気さえあります。
Commented by true-clear at 2014-12-24 09:00
おはようございます。
地面に這うように伸びてる木や、盛り上がっている根っこ、
見ごたえのある樹木ばっかりで、凄いです。
溶岩かサンゴみたいな石、溶岩だったら火山が近くにあるだろうし、
サンゴだったら、ここは大昔に海だったのかもしれないし、
いろいろ想像していると、ゾクゾクして来ます。( *´艸`)
ありがとうございました。
Commented by yaguchitenga at 2014-12-24 17:57
yutaさん
歴史がある公園ですからね
此処は初めて一周したんですが
石や木が凄かったです
Commented by yaguchitenga at 2014-12-24 17:59
risayaさん
僕の鉄則は「注意力」と「観察力」ですが
まだ、まだ、だと思ってます
僕は普通に風景を見ているだけなんですよ
ありがとうございます
Commented by yaguchitenga at 2014-12-24 18:09
a-ki_la at

木の根っこに顔とか手足とかいろんなものが見えますけど>
見えますね。多分落ち武者かも^^^
そんな罰当たりな事を書いたら、夜、金縛りになりそうですが^^^。
多分、根っことか地中深く張り付いてるはずです
だから、倒れないのでは?と思います
庭師のバイトをした事があって樹木を掘り出した事が
ありますけど、でかい木に限って掘っても、掘っても
根が出てこなかったです。2メートルぐらい
掘って、やっとでしたからね
Commented by yaguchitenga at 2014-12-24 18:13
チャボさん
ありがとうございます
歴史ある大名庭園の素晴らしさに
目がテンになってしまいました
江戸期の造園技術は凄いですね
Commented by yaguchitenga at 2014-12-24 18:16
ninjaさん
タコの足に見えますか
そのコメントを見た時、ウルトラQの
「マンモスフラワー」のエピソードを
思い出しました。だけど何ですねえ
古木になるほど根っこが凄いですね
Commented by yaguchitenga at 2014-12-24 18:20
by j-garden-hirasatoさん
江戸時代の造園師は武蔵野の自然を
よく、知り尽くしてるなあと感じました
それに樹木やなんかが個性的で凄かったです
Commented by yaguchitenga at 2014-12-24 18:27
true-clearさん
多分、庭石とか名石とか呼ばれているものを
切り出して運んだんでしょうね
それに江戸は海が結構広かったそうですからね
火山石だったら伊豆から運んだんでしょうね
根っこの張り出しとか他の庭園で見る樹木よりも
凄かったです。もう完全に森と呼んでも良いくらいの
庭園でした
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行21 武蔵野紀行19 >>