武蔵野紀行4

                 今度は湯島聖堂の屋根に注目した。来た時から屋根に飾られている
                 動物が気になっていたのだ
d0185744_84035100.jpg
鬼犾頭と鬼龍子
                 一番上が鬼犾頭、顔が龍で下半身が魚の火災から守る神
                 下が鬼龍子でトラのような想像上の動物で悪鬼が入ってこれないように守る神
                 狛犬もそうらしい、
狛犬はインド神話の神で 鬼犾頭と鬼龍子と同様に長い旅をして日本にたどり着いたのだろう
                               
d0185744_8491010.jpg
 
 
d0185744_8492355.jpg

                 屋根の曲線も好きだなぁ
              そして、聖堂を出て、お腹がすいたので食べるとこを探して御茶ノ水駅付近に行くとしめ縄をした1本の木を見つけた。この木はムクの木だそうで、御茶ノ水駅が拡張する前に立っていた太田姫神社跡だったそうだ 
d0185744_8562945.jpg
御茶ノ水は今まで降りることもなく通過駅だったのでこの地に神木が祭られていたなんて僕には発見だった
d0185744_859862.jpg
駅を見下ろすように立つムクの木、駅と御茶ノ水をこれからも守っていくのだろう。
by yaguchitenga | 2015-01-25 09:03 | 写真 | Comments(6)
Commented by j-garden-hirasato at 2015-01-25 12:34
御茶ノ水駅近辺は何度も行っていますが、
ここは訪れたことがありませんでした。
屋根にこんな守護獣がいましたか。
こういうものにスポットを当てるのもいいですね。
狛犬には注目していますが、
屋根の上にも目を配ってみます。

PS:受験生がいるのもかかわらず、
  不覚にもインフルエンザにかかってしまいました…。
  肩身が、ますます狭いです…。
Commented by yaguchitenga at 2015-01-25 17:47
j-garden-hirasatoさん
何回も行かれてるんですね
この駅で降りる事は殆どなく何年か前に
飲んだりとかニコライ堂を撮ったりとかしましたが
その後は行く事はありませんでした。
暇つぶしの気まぐれで行って見たら、こんなに面白い
街だったのかと驚いた次第です。神社の屋根とかの守護神を調べると日本って世界の端っこに位置するんだなと思ったりして興味深い事だらけでした。
インフルエンザ、大丈夫でしたか、コメントを貰っているので回復されたと思います。其方も大変でしたね
Commented by ninja2005y at 2015-01-25 20:58
本当に木が好きなんですね。
Commented by a-ki_la at 2015-01-26 07:50
屋根のラインってどの角度からみても緩やかな曲線でホントに美しいですね。
2枚目のような重なって見えるアングルもいいなぁって思います。
西洋の建築物の屋根って、ドーム型で膨らんでるものが多いけど、
アジアの建築物の屋根はその反対ですね。

世界の端っこにある国だから、色んな文化が流れ着き、とどまりますね。
そして都合のいいように少し変えて、独自のものとして育てていくのが得意になったのかも。
Commented by yaguchitenga at 2015-01-26 19:21
ninjaさん
それが僕のテーマです。
Commented by yaguchitenga at 2015-01-26 19:39
a-ki_laさん
屋根のラインに女性のウエストを連想しました
仏教寺院、此処は儒教ですが屋根に特徴があって
見てると面白いです。反対にイスラム寺院とか
ヨーロッパ建築の影響を受けて丸っこいのが
多いですよね。日本はヒンデイの影響などもあり神々が仏教に融合してますよね。日本はそれらの文化の
影響を受けて現在に至ってますが。少しずつ
世界に日本文化を返しているようですね
特にインドやタイなんかにアニメとか輸出してるようです。インドの宿のテレビで「どらえもん」を放送してたのには、びっくりだし去年からインドで
「巨人の星」のクリケット版を放送してるそうです





名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行5 武蔵野紀行3 >>