武蔵野紀行15

         今度はカラー編です。
d0185744_1884654.jpg
d0185744_1892683.jpg
d0185744_18101128.jpg
ここには神社があり名前は失念してしまったが、その神社目指して伸びきった松の木を見つけた。そして、この後ろに石碑に食い込んだ松の木もあった
d0185744_18164829.jpg
d0185744_1817308.jpg
そろそろ夕暮れて来たので
帰ろうとしたが途中で赤い花を見つけた。看板には早咲きの寒紅梅と書かれていた。僕には初見であった
写真を撮っていると一瞬の風が吹き花が揺れた
d0185744_1824580.jpg
d0185744_18244684.jpg
望遠レンズを持って来ていなかったから、ちょっと悔しかった。仕方がないのである。まさか、此処へ行くなんて思はなかったから。寒紅梅に夕日があたり綺麗だった
d0185744_18355827.jpg

by yaguchitenga | 2015-02-06 06:06 | 写真 | Comments(10)
Commented by true-clear at 2015-02-06 08:46
おはようございます。
3枚目と4枚目の松、凄い事になってますね、ビックリです!
下のモノクロもまた雰囲気ががらりと変わって面白いです。
恐竜みたいな樹も、これまた凄いです。
梅がもう咲いてて、綺麗ですね、咄嗟に望遠やマクロが欲しいのに、なんでこんな時に…
あたしもしょっちゅうです、カメラだけは常備しているんですが…(^^;)
ありがとうございました。
Commented by risaya-827b at 2015-02-06 10:54
おはようございます^^
松の木が食い込んだ石碑、凄いなぁー♪
寒紅梅、可愛いです☆ (^^)
Commented by tomiete3 at 2015-02-06 15:17
神社のは大きな木があり・・森になっていますね。
記念碑・・押しつぶされそうですね
Commented by yaguchitenga at 2015-02-06 18:14
true-clearさん
二本の松には、びっくりでしたね
でも、まだ、これより凄い松の木を
見たし写真に撮った事があります
あれは、凄かったですね
下のモノクロの恐竜のような木って言うと
1枚目と7枚目ですかね
特に7枚目はフジの古木のようですね
コブラのような根元でした
望遠レンズを持ってこなかったのは、元々
此処に行く予定にしてなくて、魚眼レンズと
標準ズームだけだったんですけどね。
乗り間違えたおかげで凄い水上公園にたどり着きました。今度行く時は望遠レンズを用意です^^
Commented by yaguchitenga at 2015-02-06 18:19
risayaさん
石碑に食い込んだ松なんて滅多に見られないですね
電車に乗り間違えたおかげで
寒紅梅が見られました。初見だったんですよね
でも、世間ではもう梅が咲き始めているようですよ
2月上旬に咲くもんですかね。ちと早い気もします
Commented by yaguchitenga at 2015-02-06 18:24
tomiete3さん
此処は三宝池沼沢植物群落の名称で
天然記念物に指定されているそうです
池の周りの樹木が凄くて完全な森でしたね
神社の2本の松の木は、ほんとユニークでした
Commented by a-ki_la at 2015-02-06 21:28
あぁ なるほど~
カラーで撮った池と木の感じは神代植物園の池によく似てます。
フチに並んでるのはメタセコイアですね。
モノクロの回にもコメント書きましたが、この風景をたにやんさんみたいに
モノクロでカッコよく撮ってみたいです。
Commented by ninja2005y at 2015-02-06 22:13
ほほう・・・・もう咲いてるんですね。
Commented by yaguchitenga at 2015-02-07 07:50
a-ki_laさん
深大植物園の池も湧水でしたよね
こちらも湧水なんですよ
現在は量が減り地下水を汲みあげているそうです
淵はメタセコイアの群落です。他にも
ラクウショウとか大木があって凄かったです
モノクロは赤外線モードにして存在感を増すように
撮ってます。モノの場合は、このモードオンリーですね。かっこいいですか、ありがとうございます
Commented by yaguchitenga at 2015-02-07 07:54
ninjaさん
冬に咲く早咲きの梅なんですよ
まだ、春の梅は3月ぐらいだと思います
早いとこでは、ちらほら咲いてるそうです。
満開が待ち遠しいですね
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行16 武蔵野紀行14 >>