東京の空3

         今年1月の年明けの空。どんよりとした雲に蓋されて
         木枯らしが吹く日々だった。ほんとに年々寒くなっていくなぁ
d0185744_16442537.jpg
d0185744_16444013.jpg
d0185744_16445612.jpg
d0185744_16451827.jpg
d0185744_16453385.jpg
d0185744_16454932.jpg

by yaguchitenga | 2015-03-29 16:46 | 写真 | Comments(6)
Commented by ninja2005y at 2015-03-29 21:32
>>ほんとに年々寒くなっていくなぁ

そうですか?
たしかに、ホワイトアウトする日は増えてますが
全体的な気温は上がってる様に思えますけどね。

だって、10年ほど前だと
今のような装備で単車乗れませんでしたし
「さすがに氷点下3度の寒気団はキツイわー!」
なんて言いながら乗ってたけど
今、それは無いもんね。
Commented by yaguchitenga at 2015-03-29 21:53
ninjaさん
そんな難しい事言われても
わかりまへん。
面白い空と風景を撮れるだけで幸せですが
年々、冬が暖かくなるのも考えますね
でも、この日は超寒かったですね
Commented by ロザリン at 2015-03-29 22:02 x
なんか悪魔が出てきそうな空ですね。。
Commented by yaguchitenga at 2015-03-29 22:17
ロザリン さん
悪魔が来たりて笛を吹くって映画を思いだしました
北風がぴゅーぴゅー笛を吹いて、寒かったあ
悪魔も風邪をひくんですね
Commented by a-ki_la at 2015-03-30 06:50
鉛色とはこんな色でしょうかね。
ボーっと霞む空殆どのこの季節、ドキリとするような雲が
少し恋しくなりますね。
あ、桜の時期はあまり降ってほしくありませんけれどー
Commented by yaguchitenga at 2015-03-30 18:20
a-ki_laさん
鉛色の空を僕は見た事がないけど
あっ、1度目の雨季のインドで見ましたね
この鉛色は銀残しモードで撮りました
実際には普通の冬空でしたが
北風が吹いて寒くて、どうしようもなかったです
なので寒さを表現する為に、このモードを使ったんです。そしたら、すご~く重くなってしまいました
想像するに北国の空は1日中こんな空なんでしょうね

吹雪なんて子供の頃、学校帰りに1度体験したぐらいで、その時は遭難して死ぬかと思いました
くわばら、くわばらデス
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 八幡の藪知らず 東京の川8 >>