葛飾八幡宮の森1

             踏切を渡った先が八幡宮である。長い参道を歩きながら、スダジイや楠を撮り歩き
             落葉樹の芽吹きは、まだのようだ。やがて本殿に着いた
             おー、これが樹齢1200年の銀杏なのか、とても凄い樹形をしていた
            多くの幹が寄り添い支えあっている事から千本銀杏と名が付き縁結びなどの
            ご利益があるそうだ
d0185744_182689.jpg

             
d0185744_1824019.jpg
d0185744_1825920.jpg
d0185744_1832890.jpg
d0185744_184264.jpg
千本銀杏
d0185744_1841841.jpg
国の指定天然記念物の
           千本銀杏の芽吹きは、まだのようで4月頃なのかな。気が早すぎたようだ
           新緑の季節にもう一度行って見ようと思った。
by yaguchitenga | 2015-03-31 18:06 | 写真 | Comments(6)
Commented by a-ki_la at 2015-03-31 20:13
何とも複雑な絡み具合。ただ束ねたようにくっついてるのとは違うように見えます。
5枚目の様子なんて、嵐で飛ばされてきた別の木が刺さったみたいです。

市川市内に7~8年住んでおり、最後の4年近くはまさに本八幡にいましたけど
京成線より北には足を踏み入れた事がなく。
当時、写真を撮ったりしていなかったので散歩の行動範囲も狭かったですね。
勿体ない事をしました。

Commented by ninja2005y at 2015-03-31 22:33
ほぉ~。
イチョウもここまでなると
かなり枝分かれするんですね。
Commented by tomiete3 at 2015-04-01 04:00
おはようございます。

 生き続けるために・・雨や風にも負けずにいるのですね。

 人間い・・教えてもらえますね。
強く生きよう・・って
Commented by yaguchitenga at 2015-04-01 18:56
a-ki_laさん
この銀杏を見た時は、びっくりでしたね
どうしたら、このようになるのかも不思議です
枝が武者に刺さった槍のようでしたよ
冬枯れの銀杏の枝から色々想像が膨らみます
市川も変わりましたよ。アーケードは取り壊され
商業施設のビルに生まれ変わってます
以前アーケードにあったジャズの店で週末ごとに
飲んでたのが懐かしいです。
本八幡で写真を撮ったのは初めてです
この町ではジャズの店のお客さん達と
ボーリングしましたね。
今、まだあるのかな.市川は里見公園で
お花見とかしました。
懐かしいです。しかし、変われば変わるもんですね
Commented by yaguchitenga at 2015-04-01 18:57
ninjaさん
もう怪物並みの銀杏でした
夜見たら怖いだろうなあ
見てみたいです
Commented by yaguchitenga at 2015-04-01 18:59
tomiete3さん
雨にも負けず 風にも負けず
と言う言葉がぴったりの銀杏の木でした
戦国時代からずっとこの町にいるんですから
びっくりです
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 葛飾八幡宮の森2 八幡の藪知らず >>