ブランコの木

            茨城の古河総合公園に行って桃の花を撮って帰りがけに撮った面白い木
            二つの木がツルで繋がっていた。説明文によると、エノキからユリノキへ垂れ下がる
            ツルで由来が子供達がこのツルでブランコをしたりしているからだそう
            触ってみると以外と頑丈なツルではなさそうだったけどね
            子供の頃テレビで見たターザンがツルからツルへと伝って行くのを思いだした





 
d0185744_187733.jpg
↓と同じ木だけどアングルを変えると踊っているように見えた

d0185744_1895683.jpg


    
by yaguchitenga | 2015-04-30 05:55 | 写真 | Comments(10)
Commented by j-garden-hirasato at 2015-04-30 06:57
こういう超広角(魚眼?)の写真、
普段は見えるはずのない構図なので、
実に刺激的ですね。
Commented by tomiete3 at 2015-04-30 07:25
おはようございます。
 レンズの特性を生かしての表現
この期に絡みつくツタカズラ・・老木を倒さないでほしいですね。
Commented by true-clear at 2015-04-30 08:59
おはようございます。
ブランコの木!ほんと、ツルがどうやってこんな風に育ったんでしょうね。
立派で丈夫そうなツルなんですね~。
↓↓まさに萌え木の季節、と言う感じで凄いです。
森や木々が生き生きしているように見えました。
嫌な虫もいっぱい出てくる季節ですね。(^^;)
ありがとうございました。
Commented by risaya-827b at 2015-04-30 12:46
こんにちは^^
これは偶然にそうなたために子供がブランコに?
子供って柔軟な発想力があるから、面白いですね^^
つる性のものって意外と丈夫みたいね♪
でも、木に影響はないのかなぁー?
ちょっと心配^^;
Commented by yaguchitenga at 2015-04-30 19:47
j-garden-hirasatoさん
魚眼ズームです
縦位置で撮ると余り湾曲しないんで面白いです
でかい木だと超広角の方がいい味が出ますね
Commented by yaguchitenga at 2015-04-30 19:48
tomiete3さん
自然界の不思議を見せてもらいました
つたで繋がってるなんて珍しいですね
Commented by yaguchitenga at 2015-04-30 19:53
true-clearさん
何で、あんなふうになったのか不思議です
自然のアートと言っても良いぐらいです
↓の森の写真は公園にいた時は
さほど風の強さを感じませんでしたが
外に出たら風が強く斜面林がざわざわしてました
屋敷林とか防風林とか、風を遮断する役割があるんですね。今回初めて気づきました
Commented by yaguchitenga at 2015-04-30 19:56
risayaさん
偶然だと思いますね
でも、どうしたら繋がるんだろう
自然界の不思議です
昔は子供達がつたをブランコにして遊んでたんでしょうね。現在はどうなんだろ
怪我をするから、やらせて貰えないでしょうね
Commented by ninja2005y at 2015-04-30 22:38
ちょっとニュアンスが違うのですが
木もその用途によって
わけられますもんね。

例えば荷物運搬使われる【木パレ】
に使われる比較的柔らかいものとか
【ハンマーの柄】とかに使われる固いものとかね。
Commented by yaguchitenga at 2015-05-01 18:31
ninjaさん
最近は森林伐採による環境破壊から守る為
エコの推進のために食堂などでは
割りばしを使うのをやめているそうですね

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行1 里見公園の森5 >>