武蔵野紀行6

                浅間山(せんげんやま)は武蔵野台地が古多摩川の浸食から免れた丘陵で
                標高79mの丘になって武蔵野特有の雑木林が広がっている
                一時絶滅状態にあったムサシノキスゲを復活させ同時に山野草も数多くみられる
                ようになったと言う。昔は斜面一杯に群生していたんだろうな

d0185744_17245939.jpg

                     
d0185744_1725201.jpg
d0185744_17254127.jpg
d0185744_1725552.jpg
d0185744_1727088.jpg

               丘の頂に浅間神社があり木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)が
               祭られている
d0185744_17321929.jpg

 
d0185744_17325379.jpg

              その神社から下って行くと第一の鳥居が樹木に囲まれていた
d0185744_17365881.jpg

             そこを過ぎて斜面に小さな祠が祭られていた。昔はどんな日照りが続いても
             涸れる事も無かったそうだが現在は染み出る程度しか出ないそうだ
             この祠から霊気が漂い少し怖く感じた
d0185744_17414617.jpg

d0185744_17421094.jpg

d0185744_1742397.jpg

              初めて見た昼顔で疲れが吹き飛んだ

 
by yaguchitenga | 2015-05-14 05:33 | 写真 | Comments(8)
Commented by j-garden-hirasato at 2015-05-14 06:35
こういうものを見て、
怪獣のイメージが生まれるのでしょうね。
Commented by a-ki_la at 2015-05-14 07:05
陽が遮られてひんやりしていそうです。
夏も涼しいかといえば、風が抜けない分、そうでもないのかもしれませんが。
写真を拝見すると、80mという数字よりも意外にアップダウンがありそうですね。
ここはついバスで通り過ぎるだけになってしまって。
ちなみに、浅間山公園は武蔵小金井ではなく府中でございます。
おそらく武蔵小金井駅からいらしたのだと思いますが、実は京王線東府中駅にかなり近いのです。
Commented by risaya-827b at 2015-05-14 15:01
こんにちは^^
これは凄いなぁー^^;
鬱蒼~という言葉があるけれど、まさにそんな感じ!!!
理彩也には踏み込めない地域だと思う。。。
特に地面に張った根っこがヘビみたいでヤだ!!! (^^;
Commented by yaguchitenga at 2015-05-14 18:33
j-garden-hirasatoさん
ヒーローモノには色んな怪人・怪獣が出てきますけど
スタッフの人達は、このような森とか山とか歩いて
イメージして作りあげてるんでしょうね
僕の勝手な想像ですけどね

Commented by yaguchitenga at 2015-05-14 18:41
a-ki_laさん
先週の土曜日は家を出る時、ぽつぽつと
雨が降って来て大丈夫かな>と思ったんですが
現地では雨も降らずに良かったです
野草の達人の同行者も胸を撫でおろしてました
そうなんですよ。アップダウンがあり
休みながら撮りましたよ
凄く鬱蒼として雲っていたから余計に
暗かったですが撮りやすかったです
森は曇の方が撮影に適してると思いました
小金井じゃなくて調布ですよね
武蔵小金井から来たのでね
ホームページはこの地は調布の住所でした
ご指摘ありがとうございます
Commented by yaguchitenga at 2015-05-14 18:46
risayaさん
曇り空で雑木林が暗く余計に鬱蒼とした感じを
僕も受けました。今にも雨が降りそうでしたが
持ってくれてよかったです
怖いですか、全然怖くないですよ
おばちゃん、おじちゃんも結構いましたよ
大丈夫ですよ。だけど夜の森は怖いかも!
Commented by ninja2005y at 2015-05-14 22:14
>>浅間山(せんげんやま)

アサマヤマ?
とは別物なんですね。

同じ漢字で・・・・ややこしいなぁ~。
Commented by yaguchitenga at 2015-05-15 19:04
ninjaさん
浅間山と聞くと何時も思い出すのが
浅間山荘事件です
名前
URL
削除用パスワード
<< 東京の空2 武蔵野紀行5 >>