武蔵野紀行20

              先週の土曜日に泉岳寺の隣の町に所用があり話のネタにでもと思い行って来た
              泉岳寺は赤穂浪士の墓がある寺で、と言っても、僕は赤穂浪士にまったく
              興味が無く境内の花を撮ったり門前の立派な松の木を撮ったり、ベンチに座って
              午後の30分を過ごした。写真を少ししか撮らずに、ただ、ぼうーっと、していたのは
               初めての事である。此処は武蔵野の高輪台地にあり以前行った御殿山庭園も
              高輪台地に属していて、結構な繫がりがあるんだな、と思った
d0185744_187356.jpg

  
  
d0185744_1871751.jpg
サツキが咲いていた
              泉岳寺の背後の高台に中学校だか高校が建っていて、高台から泉岳寺の風景を
              撮れないのかと歩いて見る事にした。この高台をめざし狭い路地の坂道を歩いた
d0185744_18115553.jpg

              
d0185744_1812548.jpg

             歩いている途中に寺がありその下り坂にブラシの木が咲いていた
             ブラシの木は旧古河庭園に咲いていたので1週間ぶり?のご無沙汰だった
             結局、高台からの泉岳寺の俯瞰は撮る事が出来ず未遂に終わった
             学校に入らなければ見る事が出来なかったのだ。残念
             見れないので適当に周辺を歩くと樹木に囲まれた遊歩道があり歩いてみた
             木漏れ日の下にベンチがありペットボトルのお茶を飲みぼーっと煙草に火をつけた
             10分ぐらい休み歩きだすと街路樹に光
d0185744_1825557.jpg

             光の向こうには何があるんだろ。何故か森の周囲に金網があった
d0185744_18255130.jpg

            木漏れ日の中を抜けると 金網に説明文が張られていて、その横に施錠された門があり
            その閉ざされた森には江戸期に 細川家の邸宅で事件後、赤穂義士が自害したとのこと
             遊歩道から、ずっと金網がめぐらしてあったので疑問になっていたが
             その謎が説明文を見て解けた
             時が過ぎ、細川家邸宅が消えゆき森だけが残り聖地になった
d0185744_18372725.jpg
 
             金網越しから撮った聖地の森の新緑
    
d0185744_18384396.jpg

              スミレの花が咲いていた
   
改めて  合掌

実は、細川邸跡地には(武蔵野をテーマにする以前)
        細川邸跡の古木を撮りに行った事があるのです。高輪地区の細川邸が
       こんなに広大な敷地だったとは知らなかったし
       此処へ再度来たのは何かの縁だったのだろうか
       その記事は此方
       http://yaguchiten.exblog.jp/13535368/
by yaguchitenga | 2015-05-30 05:55 | 写真 | Comments(6)
Commented by risaya-827b at 2015-05-30 07:58
おはようございます^^
泉岳寺という名前は知っているけれど、行った事はないです。
>>正義を愛し名節を重んじるものは暫くここに歩を停めよ
・・・と言う訳で、写真も撮らずボーッとして居たのかな? (^^)
Commented by yaguchitenga at 2015-05-30 09:37
risayaさん
僕も初めてでした
正義を愛し名節を重んじるものは暫くここに歩を停めよ
そこまで読まなかったなあ、暑いので、ただ、ぼーっと歩いて撮ってたんですよ
でも、貴重な場所であることには間違いはなく不思議な縁を感じました。
それにしても細川邸って広大なお屋敷だったんですね
それにも、びっくりだし何年か前にもこの近くで古木を撮ってるんです
その記事を再度上の記事にURLを張りましたんで
お暇なときにでも、どうぞ、よろしく
Commented by true-clear at 2015-05-30 10:46
こんにちは。
こうしていろんな所に歩いて行くと、どんな場所にも歴史があるんだなぁ、って、つくづく思います。
自害なんて、勇気があるというか、現代人にはまず出来ない事ですね。
うちの辺りみたいな田舎にも、なんでもない山や森に、山城跡が沢山あるので、色々な歴史を感じることがあります。
ボーっとする、その様な時間は、人間にとっては凄く大切な時間の様な気がします。
自分がいつもボーっとしているから、言い訳かも。(笑)
ラストのお花、多分「ムラサキカタバミ」だと思います。違ったらごめんなさいね。(^^;)
ありがとうございました。
Commented by yaguchitenga at 2015-05-30 20:25
true-clearさん
泉岳寺は私鉄でたまに乗ったりした時には通過する駅なんですが
初めて下車しました
お寺に行った時は赤穂義士の墓があるくらいで何も見るとこは無くて
お墓みてもねえ、と思い、ベンチで、ぼっとしてたんですよ
せっかく来たんだからと重い腰を上げ散策したら
此処も武蔵野の面影が残る所で歴史にうずもれ
知る人ぞ知る土地だったんだと思いました。でもご近所さんにはなじみの場所かもですが
写真散らずにぼーっとすると以外な発見があるんですね
僕もいつも、ぼーっとしてることが多いですよ
ラストは、スミレかと思ってたんですよ
ぐぐったら「ムラサキカタバミ」でした
しかし、スミレに似てますよね
此花も初見です。ありがとうございます
Commented by ninja2005y at 2015-05-30 21:41
赤穂浪士ね・・・・・
最近になり、諸説出てきてますね。

まあ、わたしゃ美化しすぎなような気もしますがね。

あの当時の価値観に、今現代の価値観に照らし合わせること自体に
思いっきりのムリがあると思うんですけどね。
Commented by yaguchitenga at 2015-05-31 19:17
ninjaさん
昔から上司に対して忠義を重んずる国民性ですからね
ただ、今の若者に忠義の心は無いと思います
僕も無いですから。
ただ、細川邸がかなり広大だった事に驚いてます
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 東京の空2 武蔵野紀行19 >>