誰そ彼時(黄昏時)

                 やがて闇が支配する時間

                 子供の頃の闇は何時でも恐怖に満ちていた
                 インドの闇もそうだ。特に路地を歩く勇気さえない
d0185744_1871922.jpg

by yaguchitenga | 2015-08-10 05:01 | 写真 | Comments(6)
Commented by j-garden-hirasato at 2015-08-10 09:06
廃線のトンネルの闇も、
怖いっすよー。
Commented by risaya-827b at 2015-08-10 11:44
おはようございます^^
日が沈み、夜のとばりが周囲を覆うまでの間、、、
チョット、心も沈みがちになるかな?
夕暮れ時の方が、まだマシ?
Commented by yaguchitenga at 2015-08-10 18:31
j-garden-hirasatoさん
もし廃線のトンネルから怪獣が現れると
怖いでしょうね
くわばら、くわばら
Commented by yaguchitenga at 2015-08-10 18:35
risayaさん
チョット、心も沈みがちになるかな?
いえ、全然ですね
ノー天気に写真を撮ってます^^^
子供の頃の方が、特に日曜日の夕方が「明日、学校」と思うと
暗く沈んでました^^^
Commented by ninja2005y at 2015-08-10 22:19
>>特に路地を歩く勇気さえない

イギリスでも、路地裏は控えてました。

いや、正確に言えば
時短のために偶然抜けましたが
比較的安全な都市でも、やっぱり日本のそれとはちがってて
雰囲気は、お世辞にも良いとは言えませんでしたね。
Commented by yaguchitenga at 2015-08-11 18:37
ninjaさん
外国とか昼間と夜では路地裏の雰囲気が
ガラリと変化しますからね
特にインドのヒンデイの聖地バラナシでは
行方不明者が続出してるんで怖いんですよ
特に、あそこの路地は外灯が暗く夜は全く歩きませんでした
迷路になってるのでなおさらでした
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 東京の空1 彩花2 >>