武蔵野紀行12

                       そして不忍の池の周辺を歩く
                       蓮が冬枯れて赤茶色になっていた
                       蓮が冬枯れているのは見たのは初めてである
                       冬にこの辺りは歩かないからなぁ

d0185744_18215888.jpg


                       蓮が咲かないと殺風景な、それでいて印象的な冬風景だった 
by yaguchitenga | 2015-12-23 05:15 | 写真 | Comments(8)
Commented by true-clear at 2015-12-23 09:10
おはようございます。
なんとなく中国風な風景ですね。向こうのビルが無かったら、中国と間違えそうです。
蓮の枯れている姿は、実の重みで茎が途中からボキって折れてるから、
それらが水面に映る光景は、抽象画を見ている様な感じになるので、結構好きなんです。
↓↓木を迫力満点に撮られるお写真は、いつも凄く惹かれます。
モノクロは、真冬の光景を見ている様な気持になりました。
ありがとうございました。
Commented by yaguchitenga at 2015-12-23 11:02
true-clearさん
中国風ですか
蓮向こうのお寺の屋根が中国風ですよね
この御寺は不忍弁天堂で弁財天を祭っています(今回、初めて知りました)
弁財天のルーツはインドの神様のサラスバテイだそうです
蓮は枯れてても実をつけてるんですね。初耳でした
不忍の池はハスでい一面覆われているから水面に映る光景を
見る事が出来ないので残念です。しかし冬枯れた蓮を見たのは今回が初でした
樹は背が高いほど超広角で撮ると迫力が出るんですよ
それと、桜の裸樹が冬らしくこの日は曇りだったのでモノクロにしました
おまけに、暖冬と言われてますが、少し寒かったです

Commented by a-ki_la at 2015-12-23 11:10
見通しが急によくなりますね。
蓮や葦?の背がどんだけ高いか、冬の上野御池を見ると思い知ります。

↓石神井公園、みっちりと歩かれてお気に入りになったようですね。
東京は山手線の西側の南北の移動が困難なので、多摩からだと練馬は横浜よりも遠く感じます。
吉祥寺あたりから北へ移動できる地下鉄とかモノレールとか、強く希望!
バスと使い分けられれば、東京北西部の道路の渋滞緩和にも役立つと思うのですがね。
Commented by yaguchitenga at 2015-12-23 11:39
a-ki_laさん
そうなんですよ。冬枯れのハスって実が重くて折れちゃうそうなんです
true-clearさんに教えて頂きました
だから、こんなに見通しが良くなったんですね。それと冬枯れのハスも初見でした
石神井公園は、自然豊かなのには驚きました
井の頭公園もそうですけどね。神田川の源流があったり玉川上水が流れていたり
東京には自然がいっぱいだと、ここ数年思い知りました
多摩辺りからだと練馬は遠そうですか、乗換えが大変そうな感じもします
東京の端っこでも千葉に近いですが快速が走ってるせいか何故か便利に感じます
僕の方で行くのが大変なのが奥多摩ですね。せいぜい御嶽下車が楽です
此処に行く時は、始発でしたもん

Commented by j-garden-hirasato at 2015-12-23 14:53
不忍池の冬景色、
こんな感じですか。
蓮の冬枯れ、
オモシロイ景色を作りますね。
Commented by yaguchitenga at 2015-12-23 18:01
j-garden-hirasatoさん
不忍の池の冬景色と蓮の冬枯れは初見でした
普段は蓮で覆われて遠くが余り見えませんが御堂まで見えて
冬の風景は面白いなと僕も思いました
ただ、殺風景ですけどね
Commented by ninja2005y at 2015-12-23 21:29
へ?そうなんですか?
私なんて、いつも時期を外しちゃってますので
よく枯れた蓮池見てますけどね。(笑)

で、決まって
あ~ぁ・・・・・・また時期外しちゃったよぉ~
来年は覚えとこー!って思うんですが
忘れちゃってね~。(笑)
Commented by yaguchitenga at 2015-12-24 18:37
ninjaさん
関西って蓮池がいっぱいあるんですね
東京は庭園とか行かないと見れないんですよ
朝早く咲いて昼頃にはしぼんでしまうので撮るのが難しい花です
なのでこの時期に蓮池に行かないし上野の不忍の池は写真展の帰りに寄ったのと
赤茶けて枯れた蓮を見たのは初めてでした
面白い光景でしたよ
名前
URL
削除用パスワード
<< 冬きたりなば 武蔵野紀行11 >>