武蔵の紀行1

                 2年前都営地下鉄のポスターで練馬区の光が丘公園の事を知り
                 行ってみたかったが今回機会を作り行って来た
                 かなり広大な公園で太平洋戦争の頃は陸軍の「成増飛行場」が
                 建設され戦後は米軍の管理下になり昭和48年に変換されて
                 公園として整備され現在に至っている
                 
                 今回はウエブで知った屋敷森からスタートした
                 農家の建物を風雪から守る為に作られ300年の歴史がある
                 屋敷森で現在は跡地を公開している

  
d0185744_1725827.jpg

    
                 立派な梅が咲いていた白滝枝垂れと云うそうだ

d0185744_17265296.jpg


                 一輪の梅、これから次々に開花していくのだろう
                
                 屋敷森は回りに柵があり一時出て周囲を歩いた
d0185744_17294676.jpg


                 1枚目の枝垂れを柵外から撮る

d0185744_17392094.jpg


                 広葉樹の緑と紅梅


 
by yaguchitenga | 2016-03-11 05:30 | 写真 | Comments(4)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-03-11 06:44
春の散策を謳歌されていますね。
長野でも、もうすぐ。
もうしばらくの我慢です。
Commented by yaguchitenga at 2016-03-11 18:34
j-garden-hirasatoさん
春の花が咲き始めていましたよ
長野の春は4月ごろなんでしょうか
Commented by ninja2005y at 2016-03-11 22:01
>>陸軍の「成増飛行場」

飛行場になるということは、その場所というのは
立地的にかなり優れた場所だと
昔、聞いたことがります。
Commented by yaguchitenga at 2016-03-12 18:25
ninjaさん
初めて知りましたね
でも、ここは2回ほど爆撃を受けてるので
そこまで優れているのか疑問に思いますね
名前
URL
削除用パスワード
<< 武蔵野紀行2 東京の空3 >>