武蔵野紀行16

              増上寺山門前に細長い公園があり沢山の樹木が植えられていた
              案内板を見ると此処は古くから松の木が植えられ
              100年松原と呼ばれていた
              その後、環境変化などで松の枯れ死や焼失して主たる景観は
              クスノキに復元されたそうである


d0185744_17355689.jpg



d0185744_1736585.jpg


                 東京タワーとクスノキ

d0185744_17384611.jpg



d0185744_1739254.jpg


                 このような葉の付き方は初めてでアートを見ているようだった

d0185744_17414335.jpg



d0185744_1742797.jpg



                                続く
             
         


                  
by yaguchitenga | 2016-06-28 05:23 | 写真 | Comments(6)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-06-28 07:02
見方によってはアートですが、
強剪定過ぎますね。
それとも、
こういう剪定技術なのか…。
初めて見ました。
Commented by otomeurarafuku at 2016-06-28 11:34
おはようございま~す♪
樟 どのくらいの樹齢のものなのでしょうね~
私もこんな樹形は初めて見ました
繁りすぎて枝をだいぶ落とされたのでしょうね
樟に見守られている様な東京タワーのお写真 いいですね(*^_^*)
Commented by yaguchitenga at 2016-06-28 18:23
j-garden-hirasatoさん
最初見た時、松の木かと思ったんですが
此処の公園の案内板を見たらクスノキと書いてあって
面白い選定の仕方だなと思いました
確かに強烈ですよね。なんでこんな選定にしたんでしょうね。不思議です
Commented by yaguchitenga at 2016-06-28 18:29
otomeurarafukuさん
どのくらいの樹齢なんでしょうかね
50年ぐらい、いや、もっとかな?
クスノキでこんな剪定は僕も初見で樹形もユニークで
最初松の木と思いましたが案内版にはクスノキと書いていて
2度、びっくりでした
東京タワーとクスノキのコラボが良い感じで
公園のクスノキ並木とマッチしてました
Commented by ninja2005y at 2016-06-28 22:07
言われてみれば面白い形ですね。
なるほど・・・・・
Commented by yaguchitenga at 2016-06-29 18:24
ninjaさん
この剪定には驚きました
木の形までアートっぽくて
やはり外国人観光客とか来るからでしょうかね
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行17 武蔵野紀行15 >>