武蔵野紀行17

                 増上寺の朱色の山門をくぐると
                 アメリカ18代大統領、グラントが明治18年に植えた松が
                 姿を現した。松と云われているが樹齢130年の松科の
                 ヒマラヤスギである



d0185744_17181934.jpg



d0185744_17191086.jpg



d0185744_17193981.jpg



d0185744_1720876.jpg


              グラント松をアングルを変えて撮り、もう一つの古木に会いに
              山門の南側にある慈雲閣に行く
              この地に自生していたカヤノキで推定樹齢600年だそうだ

d0185744_17314437.jpg


              二本の古木を撮り終わって帰ってもなんなので
              境内を散策する事にした

               続く
               
by yaguchitenga | 2016-06-29 05:05 | 写真 | Comments(6)
Commented by tomiete3 at 2016-06-29 05:15
おはようございます。

 樹齢100年も越せば貫禄ありますね。
ヒマラヤスギ・・・用材にも活用できるのでしょうか・・
Commented by j-garden-hirasato at 2016-06-29 06:07
お寺にヒマラヤ杉は合わない気がしますが、
当時は、
西洋人、西洋の木で植えちゃったのかなあ。
Commented by yaguchitenga at 2016-06-29 18:28
tomiete3さん
ヒマラヤスギは建築材料として耐久性にすぐれ
需要があるそうです
しかし、威厳があるヒマラヤスギでした
Commented by yaguchitenga at 2016-06-29 18:35
j-garden-hirasatoさん
お寺にヒマラヤ杉は合わない気がしますが
いいや、ヒマラヤスギはヒンデイ教において
聖なる木として崇拝されてきたそうです
ヒンデイの神様が仏教に融合したように
聖なる木が増上寺に植えられたかもですが
ただグラント大統領が二つの宗教の事を知っていたかどうかですが
明治期の事ですからわかりませんけどね
でも面白い巡り合わせですよね

Commented by ninja2005y at 2016-06-29 22:08
>>アメリカ18代大統領、グラントが明治18年に植えた松

そして、アメリカ人初の黒人大統領であるオバマさんは
ヒロシマを訪れ、折り鶴を折ったと・・・・
Commented by yaguchitenga at 2016-06-30 19:15
ninjaさん
グラントは南北戦争の北軍の将軍だったそうです
オバマさんはアフリカ系の黒人大統領
南北戦争の時は黒人差別の時代でしたが
アメリカ初の黒人大統領の出現でグラントはあの世で驚いているでしょうね
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行18 武蔵野紀行16 >>