武蔵野紀行27

                  梅雨の花、紫陽花が咲き現在は散り始めている
                  旬を逃さないようにと本郷の東大の記事を先延ばしに
                  しましたが、これが東大の三四朗池のラスト

                  池周辺の奇岩の風景、武蔵野紀行5からの続きです


d0185744_16463329.jpg
 


d0185744_1647745.jpg
 


d0185744_16472522.jpg



d0185744_16475369.jpg



d0185744_16484396.jpg



d0185744_16493100.jpg



                              以上
by yaguchitenga | 2016-07-10 05:40 | 写真 | Comments(6)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-07-10 06:24
こういう奇石が残されているのは、
ここがかつて大名庭園であった証。
日本の最高学府の東大、
庭園の本格復元に、
着手してくれないかなあ…。
Commented by yuta at 2016-07-10 07:17 x
おはようございます
前に行ったときはもっと鬱蒼として
写真を撮るにも暗かったような気がします
奇岩を見る余裕もなかったような・・・・
Commented by yaguchitenga at 2016-07-10 18:08
j-garden-hirasatoさん
本格復元されたら今よりもっと凄い庭園になりそうですよね
Commented by yaguchitenga at 2016-07-10 18:12
yutaさん
今回は森を撮っても新鮮味がないなあ。と
三四朗池に配置された怪石を撮りました
此処は3回ぐらい行ってますが、いつも暗い感じでした
森が成長しすぎているせいでしょうね
Commented by ninja2005y at 2016-07-10 22:01
あれ?たにやんの被写体として”岩”って珍しくないですか?(笑)
Commented by yaguchitenga at 2016-07-11 08:00
ninjaさん
そうですねえ、多分、自分でも珍しいかなと
思います
名前
URL
削除用パスワード
<< バラタマータ 母なる大地 デリ... 武蔵野紀行26 >>