鎌倉古道の森と大地3


                 どんどん歩いて行くと川とも道とも検討が付かない場所に
                 辿り着いた。鎌倉時代や色んな時代の人が歩いた道は
                 今より険しかったように思えた


d0185744_16522684.jpg
 


d0185744_16531896.jpg



d0185744_16535797.jpg

                 

d0185744_16543137.jpg



d0185744_16552820.jpg

                   

d0185744_16561752.jpg



d0185744_16565980.jpg

by yaguchitenga | 2016-09-12 05:46 | 写真 | Comments(8)
Commented by 雪だるま at 2016-09-12 06:00 x
初めまして雪だるまと申します

自然の写真を見せたいただきたく訪問しました
以前は自然の写真を好んで撮っていたのですが
最近は消えゆく昭和をメインに撮ってしまってまして
自然の織成す風景が懐かしくて拝見しました

また訪問させていただきます
Commented by j-garden-hirasato at 2016-09-12 06:46
こんなところ、
歩いていたんですね。
山賊に襲われそうです。
Commented by yaguchitenga at 2016-09-12 18:13
此方こそ初めまして
ご訪問頂きありがとうございます
僕も昔はスナップでしたが現在は風景中心になってます
自然は空とか森などを撮っています
後程訪問いたしますね。よろしくお願いします
Commented by yaguchitenga at 2016-09-12 18:16
j-garden-hirasatoさん
森深い道ですからね
夜になると真っ暗闇でしょう
そんな時に山賊に襲われたらそれこそ死体が見つからないかもしれません
此処は山賊+神隠しの宝庫だったかもです
Commented by tomiete3 at 2016-09-12 18:55
信仰の道・・いや生活の道でもあったのでしょうね。
Commented by ninja2005y at 2016-09-12 21:53
こういうところは、万全を期して歩いてくださいよ。

わたしも神戸では、ごくメジャーな六甲山(標高約1000m)という
比較的低い山で遭難しかけた(つっても迷っただけ)ことがありますから
くれぐれも、油断は禁物ですよ。
Commented by yaguchitenga at 2016-09-13 17:37
tomiete3さん
生活の道でもあり信仰の道でもありました
この先には磨崖仏があり鎌倉の鬼門とされている
神社があったんですよ。この道を通るとき神社や磨崖仏に
手を合わせていたんでしょうね
Commented by yaguchitenga at 2016-09-13 17:50
ninjaさん
ninjaさんにも迷うという経験がありますか
僕は秩父の低山と八丈島の山とこの先の神社で(1度目の時にトイレをしたくなり森に入って用を足した)
迷子になりました。これは神社の罰が当たったんだと思っています
どちらも抜け出せましたが、それ以来油断せずに歩いています
この切通しでノー天気なカップルがいまして女の子がスカートとハイヒールで
歩いていました.こんな濡れた道でと呆れてしまいましたね
下調べをしなかったんですかねえ


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 鎌倉古道の森と大地4 鎌倉古道の森と大地2 >>