武蔵野紀行2

                   滑って転がり落ちないように鎖を握りしめて
                   洞窟を登りきるとかなりの高さから落ちる雄滝が
                   姿を現した。まるで母の胎内から出てきた気分だ
                   でも、その時の気分は一切記憶にない
                   ただ、知り合いの子供が「私、生まれて来た時
                   痛かったんだよ」と僕に言った時は少し驚いたけどね
                   洞窟を抜けて滝を見るというのは初体験であり
                   先人がそのような滝に対して雄滝と雌滝、それを総称して
                   金剛の滝と付けたのは合点がいく
                   雄滝は豪快に流れ落ち足場が狭く立っているのが
                   やっとの状態で、そんな場所に三脚を立て
                   レンズ交換をする時もカメラ内部に
                   飛沫がはいらない様にするのが大変だったが
                   マイナスイオンが非常に心地良かったのも事実だ

d0185744_17382518.jpg


                   洞窟をくぐりぬけて観た滝の全貌

d0185744_1740599.jpg


                   岸壁を流れ落ちる雄滝

d0185744_174252.jpg


                   50mレンズにテレコンバーター1.5をつけ
                   内蔵ストロボで滝の飛沫を撮る
                   やはり外付けストロボの方が威力があるように思えた

d0185744_17452560.jpg
 

                   先に見た流れ落ちていく雌滝を上から見た(ストロボ使用
                   さらに、階段があり上から見た雌滝
                   階段の先は通行止めになっていた

d0185744_1748742.jpg


                   なんだかんだとこの二段の滝に一時間半居座り撮って
                   洞窟を再び抜けて帰る事にした

d0185744_17525134.jpg


                    山水が透明で綺麗だった

d0185744_17541249.jpg


                    しっとりとした渓谷の森

d0185744_17561288.jpg


                    渓谷を抜け帰りも急坂が続くので
                    カメラをしまおうとした時に見た山林

d0185744_1759599.jpg


                    足元を見ると小さな野草が咲いていた

                    
                           続く
                   
by yaguchitenga | 2016-09-23 05:21 | 写真 | Comments(8)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-09-23 06:08
洞窟を抜けて滝を拝む、
というのは、ココだけでしょうね。
スゴイ演出です。
滝、
写真ではマイナスは届きませんが、
癒されますね。
Commented by villanesco at 2016-09-23 09:33
おはようございます。
好い所ですね、涼しくなって来たので、そろそろ山歩きに行きたいなぁ、って思ってたところです。
滝や川の流れも久しく撮ってないので、行きたいです。
SSを速くして撮ると、なかなか明るく撮れなくて、難しいですけど、
今度あたしもストロボ使用でチャレンジしてみようと思いました。
それにしても美しい清流ですね~。♪
Commented by yaguchitenga at 2016-09-23 17:52
j-garden-hirasatoさん

洞窟を抜けて滝を見たのは初体験でした
此処で滝に打たれたらスゴイご利益がありそうです
江戸時代は今よりもっと難所だったかもしれませんね
涼しいを通り越して、ちょっと寒かったです
Commented by yaguchitenga at 2016-09-23 18:02
villanescoさん
此処まで行くのは大変でした。もう下りだけでへとへとで
この滝を見たら疲れも飛びました
ウエブで知って行ってみたら写真よりもスゴイ場所でした
僕も何とか撮って帰りましたが、やはり肉眼で見た方が迫力が
あるように思えました
ストロボ使用も面白いと思いますよ
ただレンズとストロボの距離が合わなくて、かなり暗くなりましたが
ソフトで明るくしたんですよ。
日中シンクロで滝を撮るのもありなんで、チャレンジしてみて下さい
暗く落ちた時はソフトで調節すれば何とかなるもんです^^^
綺麗な清流でしたが滝を眺めていたら少し寒くなりました
冬に行くと凍死するかも
Commented by ninja2005y at 2016-09-23 21:55
おっ!クサリもって上りましたか!
しかも重たい機材まで持って・・・・スゴッ!
Commented by yaguchitenga at 2016-09-24 16:10
ninjaさん
登りは、ちょっと大変でしたが
下りがもっと大変でした
まるで探検気分の滝見でありました
Commented by 雪だるま at 2016-09-26 05:50 x

とてもいい題材ですが
撮影するには重い機材を持って山に分け入らねばならない
昔なら行ったのに今は行きたくない(笑
趣味思考が変わったのではなく億劫になったらしいです
Commented by yaguchitenga at 2016-09-26 17:25
雪だるまさん
東京にこんな秘境があったのかと驚きました
昔は修行の為に山深く分け入り滝に打たれたそうです
今もここに入って写真を撮るのは苦行以外にないですね
そんな山道を下るとスゴイ風景が広がっていました
僕はスナップから出発しましたが今はスナップが少し怖いです
昔だったら狭い路地を歩いて写真を撮ってましたけどね
興味がある路地が無くなったんでしょうね
気が向いたらちょっと街歩きしますが、あまり撮れずに帰ってます
今は風景が一番面白いです
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行3 武蔵野紀行1 >>