武蔵野紀行4

                   広徳寺の写真を撮っていたら散策していたおじさんが
                   「良い写真撮れましたか」と声を掛けてきたので
                   「ハイ、まあまあです」と返事してから
                    「此処からバス停は、どう行けば良いのでしょうか」と
                   尋ねたら「何処から来たの」と聞かれたので
                   「八王子の今熊山のふもとの金剛滝を撮って
                    降りて来たんですよ。此処も八王子ですよね」と聞くと
                   「今熊山は知らないけど、八王子じゃないよ
                    あきる野市だよ、峠を越えて、ここまで来たの?」
                   あきる野市は武蔵五日市がもより駅で、その駅の道順を
                   教えて貰った。後で調べてみると八王子の今熊山が
                   あきる野市との境に位置していて、まさか八王子から
                   武蔵五日市の近くに出て来るとは思わなかった
                   
                   それにしても、また30分も武蔵五日市駅まで歩くのかと
                   思うと、とほほである。まさか今来た道を今熊山のバス停
                   まで戻る訳に行かず、武蔵五日市駅まで出る事にした
                   武蔵五日市と八王子共に中央線で確か立川辺りで
                   乗り換えるのだが運が悪ければ五日市線は単線で
                   のんびり帰る事になるが運が良ければホリデイ快速で
                   無事に乗り換え地点のお茶の水まで行く事が出来る
                   僕が八王子の今熊山のふもとから
                   あきる野市に出たのは運命の神の悪戯か
                   広徳寺に呼ばれたのか分からないが
                   カメラマン冥利に尽きるし有難い事である
                  
                   
                  広徳寺は江戸時代中期の建造物と推測される茅葺の山門が
                  在り中々風情のある寺であるのと古木の銀杏もあり
                  見応えがある寺である


d0185744_1750446.jpg
  


 

                  対の大イチョウ

                  この大イチョウの黄葉を撮りに行くかと尋ねられたら
                  きっぱりと断るだろう。此処まで行くのが大変
                  バス便は1日二本だしね

d0185744_17553665.jpg

                                                   
                   
                  
 
d0185744_17561464.jpg
   

                  大イチョウの黄葉は見れなくても鬼気迫るイチョウの木を
                  見るだけで満足だ

                  広徳寺の裏庭に行くとタラヨウの古木が
                  枝葉を広げて立ちそびえていた


d0185744_1833138.jpg

                  

d0185744_1835493.jpg


                   キノコ

               広徳寺から道を隔ててこの木は立っていた


d0185744_1885428.jpg

                                    

d0185744_1891766.jpg
   

              カヤの樹の古木     



                 

                   
                   

                   
                   

                   
                   
                   


                   

     
                   
by yaguchitenga | 2016-09-25 05:23 | 写真 | Comments(8)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-09-25 06:45
このタラヨウの古木は、
スゴイですね。
写真の角度もありますが、
お堂を飲み込むんじゃないか
と思えるくらいの迫力です。
Commented by yuta at 2016-09-25 09:04 x
おはようございます
前記事も見ました
かやぶき屋根の山門と本堂に立派な古木があるすてきなところですね
ぶらぶら歩いておもわぬところに出るというのも面白いです
あたしもよくやりますよ^^
Commented by tomiete3 at 2016-09-25 09:31
あるのですね…古木が
 残されている・・残してほしい環境ですね。
 歩き疲れましたか。
Commented by yaguchitenga at 2016-09-25 17:51
j-garden-hirasatoさん
確かにです。どう撮ろうかとこの木の周りを歩きましたもん
かなり威厳がある木でした
Commented by ninja2005y at 2016-09-25 17:55
>>「良い写真撮れましたか」

んんん・・・・・羨ましい・・・・・

私なんか
「何を撮ってるんですか?」
「何か珍しいモノでも?」

挙句には
「なんか意味あんのか?」←女子高生に

ですよ~(笑)。
その都度説明に困ります。
Commented by yaguchitenga at 2016-09-25 18:01
yutaさん
前記事も見て頂いてありがとうございます
対の銀杏の古木が凄くて山門や本堂を入れて撮りました
お寺に古木は不思議に似合いますよね
ほんとに、右か左を選択して左に向かったら見応えがあるお寺に
出くわしてしまいました
ぶらぶら歩く街歩きでは良いのですが
山歩きだとこのような事をするのは迷いの原因になるので
これっきりにします。何しろ低山で3回ぐらい迷って
何とか帰れた事があるので注意しないと怖いです
今回はラッキーでした
Commented by yaguchitenga at 2016-09-25 18:04
tomiete3さん
茅葺きの由緒ある寺に古木
ずっと残してもらいたい風景ですよね
今回は下調べもせずに偶然に出会ったようです
Commented by yaguchitenga at 2016-09-25 18:14
ninjaさん
ninjaさんのようなスナップだと不思議がられるでしょうね
女子高生から聞いてくるなんて、よっぽど変なモノでも
撮ってたんですかね
まあ、僕も海で岩礁撮ってたら若い女性が何をを撮ってるんですか、と
聞いて来たので、岩礁を撮ってると云ったら
何故、そんなものを見たいな顔をして立ち去りました
写真に興味がない人にとって、ただの岩礁に過ぎない訳です

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行5 武蔵野紀行3 >>