海沢渓谷を歩く2

チャートと呼ばれる硬い堆積岩の地層が渓谷に沿って帯状にあり硬さに違いの ある地層の所では風雨流水の浸食により段差が生じ、これが滝が出来る原因になっている
                     (観光案案内書より抜粋)

                    白丸駅からアメリカキャンプ村を過ぎると海沢渓谷に
                    着き、上のパンフレット文にあるような地層が次々に
                    見られた。この渓谷風景は帰りにして三ツ釜の
                    滝を目指した。三ツ釜の滝を撮り更にネジレの滝へ
                    その途中には地球創世記のような岩石が
                    ごろごろと見られた


d0185744_18495865.jpg

                                  

d0185744_18505039.jpg



d0185744_18512418.jpg


                  歩きにくい登山道を歩いていたら滝が見え
                  階段を下りて、滝側に行けるようになっていた
                  この滝がネジレの滝なのだろうか
                  案内板もないのもおかしいな、と思いながら下りて行った
                  水の水量が多くアングルが決められず
                  ネジレの滝なのか、どうかも分からず引き返して
                  階段の少し広くなっている所から滝を見る
                  20年前にこの滝を見ていたらネジレの滝だと分かるが
                  初めて見るので検討も付かないが岩の間を落ちる滝は
                  確かにねじれているようにも見える
                  行く前にいくつかのネジレの滝の写真を見たけど
                  その写真が何時撮られたか年月日が記載されていないので
                  さっぱりで名前が確信できない滝を見たのは初めてだ
                  多分、滝への階段があるのでネジレの滝かも知れないが
                  うーん、そういう事にしよう

d0185744_1995722.jpg


                  何とかアングルを決めて撮った1枚
                  

                  滝を撮り終えて次の大滝へと向かうが
                  大岳山の道しるべだけで、何ともはや不親切な、と
                  思いながら大岳山への登山道を歩くが道があるような
                  ないような感じになって行き、山慣れした登山者であれば
                  すんなりといけるんじやないかと思い始め撤退を決めた                         
                  
                  
d0185744_1936741.jpg




                  戻る途中で見た樹木、いつ渓谷に落ちてしまうかと
                  思ってしまう根の張り方だ
                  これは、もう、執念だな
                  

 
    
                    
                    
                      
                  
                 


             
by yaguchitenga | 2016-10-18 05:33 | 写真 | Comments(6)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-10-18 06:44
山に入ると、
いろんなものからパワーがもらえます。
写真からではありますが、
いただきました。
Commented by yaguchitenga at 2016-10-18 18:17
j-garden-hirasatoさん
低山しか登れませんが森などのパワーは凄いインパクトが
ありますね。僕の写真からパワーを頂いて貰って恐縮です
Commented by a-ki_la at 2016-10-18 21:36
トップ画、緑が美しいですね。何月の訪問ですか?
鎌倉の切り通しよりもずっと標高が高いと思うのですが
ここの方が明るいように感じます。
>道があるようなないような
ご無事で何よりです!
Commented by ninja2005y at 2016-10-18 22:03
低い山でも、やっぱり地図は持たれたほうがいいと思いますよ。
Commented by yaguchitenga at 2016-10-19 18:00
a-ki_laさん
10月の体育の日で曇りでした
トップ画の岩の背後の緑ですが水が余程良いようで
見た目も綺麗な緑でしたが曇りモードで撮ったので
かなり緑が強調されたようです。今まで曇りモードで森を
撮ってきたのに初めて気づきました
切通しよりも明るいですか、どうでしょうね
おなじように思いますが、やはり標高が関係してるのかなァ
此処は、もう中級者向けのように思いました
此処は、僕には厳しいです
撤退の判断は正しかったですね。もし、大滝まで行っていたら
駅に着くのが、かなり遅くなったかもです
始発で出て帰りの駅に到着したのが17時でした
Commented by yaguchitenga at 2016-10-19 18:14
ninjaさん
地図は苦手で持ち歩いた事がないんですよ
大体が標識を目安にしてます
地図まで持参するとカメラに三脚付けて担いで歩いているので
邪魔になりそうだし地図に夢中になり過ぎて足を滑らせて
怪我しそうです。それに大滝まで無事に行けても帰りが、かなり遅くなるし
始発で出て撮影やら休憩入れて12時間かかりました
撤退は正解でした
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 海沢渓谷を歩く3 海沢渓谷を歩く1 >>