夕暮れの数馬峡



                  海沢渓谷の入り口を15時30分に出て白丸駅に向かう
                  1時間歩き駅近くの数馬峡橋に着いたのが
                  16時44分でこの橋の上で休憩する事にした
                  数馬峡も20年前の秋に行った事があり群青色の
                  緑に囲まれた水面が綺麗だった
                  今回は残念な事に曇りだったので山に沈む太陽と
                  数馬峡を見る事が出来なかったが静まり返った
                  数馬峡(多摩川)も格別だった


d0185744_1531581.jpg
 


d0185744_15323220.jpg

                  

d0185744_1533762.jpg



                 錦秋の頃に行ってみようと思った


                     おまけ

                20年前の秋の数馬峡にて紅葉は早かったけど
                小さい秋を見つけた

                   
                  
d0185744_15403171.jpg

by yaguchitenga | 2016-10-24 05:05 | 写真 | Comments(10)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-10-24 06:45
緑の水面に森の緑が写り、
緑がドンドン深まっていくのですね。
Commented by yaguchitenga at 2016-10-24 18:25
j-garden-hirasatoさん
素敵な風景でした
曇ってなかったら最高でしたが
自然相手だから仕方がないですね
紅葉と新緑の時は良いでしょうね
Commented by ninja2005y at 2016-10-24 22:02
今日のニュースで多摩川沿いの青梅?で
クマによる被害が報道されてました。

気を付けて下さいね。
Commented by villanesco at 2016-10-24 22:02
こんばんは~。
水の色が何とも言えず美しいと感じました。少し哀愁も。
好い所をたくさん歩かれてますね。
石や岩がある所に、あとから木が成長した時、
幹が岩を包み込むような形でどんどん大きくなった様な、
不思議な生え方をした木、木の魂と迫力に凄く魅力を感じます。
小さな秋も好いですね。♪
Commented by 雪だるま at 2016-10-25 05:30 x
緑が濃い
川面の緑
とても癒される風景です
深緑に憧れて撮ったときのことを思い出します
Commented by yaguchitenga at 2016-10-25 17:51
そうですね。青梅ですね
まだ山までの距離があるのにね
山のどんぐりとか不作で街に降りて来たそうです
冬眠支度で食物を探しに来たんでしょうね
はい、クマも怖いですからね。気を付けます
Commented by yaguchitenga at 2016-10-25 17:56
villanescoさん
夕暮れて人もいなくて静かで
此処も東京だとは思われない風景が広がっていました
自然の迫力に圧倒されて見た数馬峡は、とても優しい流れでした
Commented by yaguchitenga at 2016-10-25 17:59
雪だるまさん
此処は二十年振りに行きました
都心から二時間の場所ですが
山に囲まれて東京とは思えないほどです
渓谷歩きからこの風景ヲ見たら、ほっとしました
Commented by a-ki_la at 2016-10-25 23:16
青梅線は沢井駅までしか行ったことがないのです。
ずいぶん奥なんですね。でも、駅からそう遠くないところにこんな絶景が?!
緑青の水面、美しいです。吸い込まれそうですよ。
この付近から河原まで降りられるのですか?橋上から望遠で狙ったのでしょうか。
Commented by yaguchitenga at 2016-10-27 07:05
a-ki_laさん
確か沢井は澤乃井酒造がありますよね
入ったことはありませんが僕の田舎でも
清酒、澤乃井が販売されていて美味しいお酒でした
数馬狭は休憩がてらに寄りました
曇りの夕方ですが、それでも美しい水面でしたね
数馬侠橋が架かっていて絶景を見渡せます
橋伝いからは河原には降りるのは無理で奥からでしょうけど
どうなんでしょうか。僕は橋の上から望遠と広角を使い撮りました
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 多摩川源流の雄滝 海沢渓谷を歩く7 >>