数馬峡秋景色6

                  橋のたもとの楓を撮り山峡の錦秋を撮った



d0185744_1830854.jpg

                    


d0185744_18305467.jpg






d0185744_18324984.jpg



              そして、数馬峡橋を出て次の目的地へ

d0185744_18355227.jpg



              反対側の遊歩道の樹林に覆われたコバルトグリーンの川面


d0185744_18391870.jpg



d0185744_18395230.jpg



              コバルトブルーとコバルトグリーンが織りなす幻想的な川面


d0185744_18461036.jpg
    


              秋の光の演出に目鼓みを打った

              
by yaguchitenga | 2016-11-22 05:26 | 写真 | Comments(8)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-11-22 06:04
針葉樹に黄葉した落葉樹が混ざっている景色、
好きですねえ。
林越しに水面が見えるのも、
何か神秘的で素敵です。
Commented by aitoyuuki32 at 2016-11-22 19:16
緑の反射とコバルトブルー、最高の背景ですね
黒く締まった木々のシルエット
とても好きな一枚です(^_^)v
Commented by a-ki_la at 2016-11-22 20:27
下から3枚目がとっても素敵です。
ワタシなら、木が邪魔だと思って撮れないでいるだなろうなぁ
Commented by ninja2005y at 2016-11-22 21:52
こりゃまた結構なところまで登りましたね~。
Commented by yaguchitenga at 2016-11-23 18:43
j-garden-hirasatoさん
昔行った時には針葉樹の多さに不満を持っていましたが
今は大人の事情もあるんだと思うようになりました
それに、針葉樹に少し落葉樹が点々としている風景も味がありますよね
それに、樹木の間に川が見えてるのも嫌で
撮った事が無かったんですよ
こうして撮って見ると、チラ見えも、仰る様に神秘的ですよね
いやいや、大人になりました
Commented by yaguchitenga at 2016-11-23 18:48
aitoyuukiさん
これが瀞だから反射が多くなって神秘な風景を見せてくれました
暗い場所から見る光や木々のシルエットがアクセントになりました

Commented by yaguchitenga at 2016-11-23 18:57
a-ki_laさん
有難うございます
樹木の間から見える渓谷は、僕も嫌いで撮った事が無いのです
もう少し視界を開けてくれないかなと思ってたんですが
一応撮って見たら、チラ見の渓谷風景も良いと思いました
20年前よ、ちと大人になりました、でも、これもデジタルのおかげです
フイルムだと失敗したら勿体なくて、(全然、大人じや、無いじゃん)
Commented by yaguchitenga at 2016-11-23 19:16
ninjaさん
登ってはいないです
都心から鈍行で二時間で、駅からすぐ歩いて行ける場所なんですよ
鈍行で行っても、どんどん標高が高くなって行く感覚もないし
電車内では何もやる事が無く、漫画読んでるか寝てるだけで車窓の風景」も見てないです
鈍行2時間は、くたびれます
数馬峡の谷が深いだけです
僕には登山をしている感覚もないです
まあ、此処に来る人は何処かの山の登山目的が多いです
僕は渓谷歩いて写真を撮る方ですからね。ただ、今回は二つ目の場所に行き
少しですが登りました
ちなみにっ白丸や次の駅の終着駅の奥多摩の標高は
東京タワーより8m低い343mです
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 先人達の台地1 数馬峡秋景色5 >>