先人達の台地1

                  10月に海沢渓谷からの帰り道に国道の白丸トンネルから
                  横道を見つけたので(行きは通り抜けた)休憩したいと
                  その道へ行った。適当な場所を探して一服していると
                  洞門のようなものがあったので休憩が終わってから
                  中に入った。短い距離だが何の為に掘ったのだろうと思い
                  後で調べたら大正時代に造られた「白丸隊道」だそうだ
                  荒々しい掘方で、この地は古い時代から秘境のような場所で
                  山と多摩川に挟まれて通行に難儀をしていたのだろう
                  僕は、九州に住んでいた頃、行った事がある大分県中津の
                  耶馬渓を思い出した。青の洞門と呼ばれ、江戸時代に
                  山塊をノミとカナズチで掘り上げたものだ
                  隧道とは違い、かなりの距離でかなりの人数が工事に
                  関わっていたそうだ。と思い出は終わりにして
                  白丸隊道の写真です



d0185744_1635568.jpg




d0185744_16362132.jpg



                一寸歩くと国道に出る手前の岸壁に見事な楓があった


d0185744_16384249.jpg



                 僕は白丸隧道だけを撮りに来た訳じゃなく
                 10月の帰りに土産物屋を通った時、横側に階段と看板があり
                 数馬峡切通しと書いてあって、行こうかなと思ったが
                 陽も暮れて辺りは暗くなっていたので次回にする事にした
                 それが今回の二つ目の目的だった


d0185744_1648835.jpg


                隧道に入る前に見つけた特徴のある岩肌その近くに
                何も指示板が無く急階段が岩壁の間にあった

d0185744_16495356.jpg


               此処も切通しに繋がっているのかと、巨岩が迫る急階段を上る
               上り詰めると怪石に阻まれた道で歩くのが容易ではなさそうで
               一応歩いて行くと、人に踏み込まれた跡など無く
               獣道と化していて僕には無理なので戻る事にしたが
               その前に道に迫る岩壁を何とか撮った

d0185744_16585561.jpg
  

               
               結局、あの土産物屋さんから切通しまで行った方が
               たやすそうに思った

                              続く

                  
                  
           
by yaguchitenga | 2016-11-23 05:08 | 写真 | Comments(6)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-11-23 07:17
この洞門はスゴイですね。
手掘りですか。
この辺りは岩山で、
他に迂回できないから、
掘ったんですね。
Commented by rollingwest at 2016-11-23 11:01
初めまして、今回日本庭園(jg-hirasato)とお友だちになったローリングウエストと申します。新潟県柏崎生れ川崎市在住の59歳(山好き・旅好き・歴史好き・昭和レトロ好き・洋楽好き)の中年オヤジです。全国の山はたいてい知っているつもりでしたが、奥多摩源流に海沢渓谷・数馬峡というこんな素晴しい見所があったとは初めて知りました。まだまだ勉強不足と痛感・・。今後ともときたまお邪魔させて頂き、情報交換させて頂ければ幸いです。よろしければコチラにも是非とも遊びに来られて下さい。
Commented by yaguchitenga at 2016-11-23 19:26
j-garden-hirasatoさん
大正時代の手掘りのトンネルで
道具はダイナマイトぐらいはあったでしようから、
ダイナマイトにツルハシを使用したと思いますよ
隧道が出来る前は、隧道上に切通しがありましたが
まだ、まだ不便だったんでしょう
迂回も切通しのある山道を行かなきゃ、ダメでしょうから
不便だし掘ったと思います
時代と共に産業も変化しますから秘境の人の生活手段だったはずです
Commented by yaguchitenga at 2016-11-23 19:35
rollingwesさん
お越し下さりありがとうございます
僕の方が一つ下なんですね(僕が早生まれかな)
奥多摩の海沢とか数馬峡とか20年振りの再訪でした
都心から鈍行で2時間余りで下手したら3時間かかるので
いつの間にか足が遠のきました
20年もたつと視点も変わりますね。以前は森などを撮っていませんでしたからね。川オンリーでした
森を撮りだすようになってから川の全景まで撮るようになりました
此方もお邪魔させていただきますね。よろしくお願いします
Commented by ninja2005y at 2016-11-23 22:23
>>ノミとカナズチ

今は相当長い距離のトンネルでもシールドですもんね。
楽になったもんです。
Commented by yaguchitenga at 2016-11-23 22:47
ninjaさん
シールド工法の意味が分からなかったので
ググったんですが何も出て来ませんでした
っシールドの意味は防御ですよね
岩盤を守りながら掘ってるんですかね
そうしないと事故多発ですもんね
あの頃は工事の犠牲者がいっぱいだったんだと思うと
命がけだったんだなぁ
名前
URL
削除用パスワード
<< 先人達の大地2 数馬峡秋景色6 >>