武蔵野紀行5


 
d0185744_18173711.jpg




d0185744_18182586.jpg



d0185744_18191276.jpg



                 クスノキだろうか?皇居関係者の詰め所か何かで
                 立ち入り禁止になっていて近くで見れなくて残念だった

d0185744_18224914.jpg



                 天守台に植えられていた立派な松の木
                 東丸御苑には松が沢山植えられているけど
                 何か意味でもあるのだろうか
  
                   
                 天守台から二の丸庭園に行こうと場内にあった案内図を
                 見たら何時の間にか通り過ぎていて
                 時間はたっぷりあると思い戻り始めた時に光に輝く竹林が
                 あり、いつも見る竹と違っているので、タグを見たら
                 「キンメイモウソウチク」と書かれていた


d0185744_18333237.jpg




d0185744_1834665.jpg




d0185744_18343286.jpg

 

                「キンメイモウソウチク}は中国の江南地方から渡来した
                 モウソウチクの変種だそうだ
                 斜光に輝いて綺麗だった


d0185744_18545971.jpg
 


                 その近くでナンテンの実を見つけた

          
                          続く
by yaguchitenga | 2016-12-05 05:08 | 写真 | Comments(6)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-12-05 06:53
皇居内では、
植栽も、
外来種ではなく、
和の演出をしているのではないでしょうか。
Commented by yaguchitenga at 2016-12-05 18:23
j-garden-hirasatoさん
そうなんですか、皇居は世界に知られた存在ですから
松を日本の象徴として植栽したんでしょうね
Commented by a-ki_la at 2016-12-05 21:20
立派な...楠?でしょうかね。
#4の1~3枚目のもどっしりと大きくて素晴らしいですね。
そういえば#4のラストのシュウメイギクは原種だと思います。
よく見る花びらがもっと丸っこいのは園芸品種で後発なんですよね。
金色に輝く竹もすごくキレイ。
Commented by ninja2005y at 2016-12-05 22:10
おぉっ!これがナンテンですか!
よく耳にはしますが
実物は見たことがありません。
Commented by yaguchitenga at 2016-12-06 17:28
a-ki_laさん
多分、クスノキだとおもうんですけどねえ?
皇居の樹木はどれも体格が良く、特に2枚目は周囲の
樹木達の親分的雰囲気でした
シュウメイギクの原種ですか、教えて頂きありがとうございます
この花は滅多に見なくて何年か前に御岳渓谷で見たっきりでした
花はいっぱい咲いていたんですが終わりかけていて
この子だけ痛みもせずに咲いてました
キンメイモウソウは初見で皇居で見られたのは縁起がいいかもです
Commented by yaguchitenga at 2016-12-06 17:32
ninjaさん
ナンテンは久々に見た気がします
ナンテンはのど飴の原料にも使われていますよね
皇居には、ナンテンの他にも
色んな木の実がなっていました
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行6 武蔵野紀行4 >>