葛飾八幡宮の千本公孫樹

                 現在はすでに紅葉も終わり師走まっしぐらですが
                 去年のストックからの写真です。(出し忘れです)
                 12月初旬に千葉の本八幡にある葛飾八幡宮の
                 千本公孫樹(せんぼんいちょう)を撮りに行ったけど、
                 まだ青葉が多く
                 再度12月中旬に出かけてみたら
                 今度は完全黄葉となっていてリベンジ成功の感でした 
                
                 
 
d0185744_17521934.jpg
           


d0185744_17525021.jpg



                初めて見た時は冬枯れだったが銀杏の迫力に圧倒されて
                その後、新緑の時期に詣でたが、行くたびに
                千本公孫樹の季節の変化に驚いたものです
by yaguchitenga | 2016-12-25 05:37 | 写真 | Comments(6)
Commented by yuta at 2016-12-25 09:04 x
おはようございます
立派な大木ですね
新緑のもきれいでしょう
Commented by yaguchitenga at 2016-12-25 09:12
yutaさん
立派で威厳があるイチョウの木でした
新緑も素晴らしかったです
写真の下の千本公孫樹のタグをクリックしたら
芽吹きから新緑まで見れますよ
Commented by j-garden-hirasato at 2016-12-25 21:47
これまた、
スゴくニョキニョキと枝を伸ばしたイチョウですね。
千手観音みたいです。
Commented by ninja2005y at 2016-12-25 23:06
うん。
イチョウは特に黄葉の時が好きですね。

茶碗蒸しに入れる銀杏もだ~い好き。
Commented by yaguchitenga at 2016-12-26 18:19
j-garden-hirasatoさん
迫力がありました
神社のご神木ですから、やはり先手漢音のようになるんでしょうね
先手観音は思い付きませんでした
流石です
Commented by yaguchitenga at 2016-12-26 18:30
ninjaさん


僕は黄葉も好きですが、この銀杏だけは冬枯れから黄葉まで
追っかけてしまいました。他の銀杏より迫力が違ってましたからね
僕が子供の頃はお袋が作ってくれた茶わん蒸しには銀杏の代わりに
餅や鶏肉などが入ってました。
料亭とか宴会で食べる茶わん蒸しより豪快でした
銀杏はあまり好きじゃないですね
名前
URL
削除用パスワード
<< 冬枯れて 東京の川2 >>