三浦半島の森へ4 sanpo



                 両側の寺守りの古木の間の石段を登って行き
                 山門をくぐると古木の木々が木漏れ日に佇んでいた
                 神武寺の歴史は古く源頼朝が北条政子の安産祈願で
                 訪れたりしたそうだ




 
d0185744_18243443.jpg
      
                
              神武寺の神木「なんじゃもんじゃの木」
              本当の名前は「ホルトノキ」と呼ばれ初夏に釣り鐘状の
              白い花を咲かせる

              
              アングルを変えてもう一枚撮る



d0185744_1829958.jpg



              神武寺で再会した木があった
              菩提樹だ。しかしブッダが菩提樹の下で瞑想した木とは
              違い中国原産の菩提樹だそうだ
              インド菩提樹はインドのブッダガヤの寺院で見て以来だ
              他にも千葉県の鋸山にインドから送られた菩提樹があって
              1度、再会を望み行った事があったのだが鹿の害で枯れて
              望みは叶わずにいたが国は違えど、されど菩提樹である


d0185744_18373289.jpg
 

              この木が神武寺の菩提樹だ
              立派な枝振りだった


d0185744_18385610.jpg



             木の名前は分からないが今にも動き出しそうな態勢だった
             根っこの辺りが馬の、ひづめに似ていた


 
d0185744_18422670.jpg




d0185744_18425717.jpg




            光蜥蜴が這いずりまわる庭

            綺麗な苔もあり充分に手入れされているようだった
            僕が訪れた時も庭師さんが忙しそうに働いていた
 

                                             続く

by yaguchitenga | 2017-03-29 05:18 | 写真 | Comments(8)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-03-29 06:32
馬というより、
恐竜の足のようですね。
肉食系の。
Commented by tomiete3 at 2017-03-29 08:19
 おはようございます。
  大木になるためには・・根っこが丈夫でないと・・風邪に倒されますね。
人間も同じで・・心根がしっかりしていないと大成しませんよね・・
Commented by yaguchitenga at 2017-03-29 19:11
j-garden-hirasatoさん
肉食竜の脚ですか
なるほど、木の根の形を想像するのは面白いですね
人それぞれで見方が違いますもんね
Commented by yaguchitenga at 2017-03-29 19:15
tomiete3さん
樹木や人の生き方は違いますが
基本は根っ子にあるんでしょうね
台地を踏みつけて生きる事は大変ですが
基本は心根でしようね

Commented by ninja2005y at 2017-03-29 21:51
やっぱ夜見ると怖いのかな?

なんか不気味っぽいっすね。
Commented by rollingwest at 2017-03-29 22:39
小生も結構、源頼朝・北条政子の所縁の地を訪問したつもりですが、この御寺は初めて知りました!今度是非行ってみます。情報提供ありがとうございました。
Commented by yaguchitenga at 2017-03-30 17:59
ninjaさん
険しい山道なので夜は誰も訪れないでしょう
もし夜に行ってこの森を見たら不気味でしょうね
風とか吹いて森が、ざわざわしてたら超ビビりそうです

Commented by yaguchitenga at 2017-03-30 18:04
rollingwestさん
頼朝に縁があるお寺というよりは神武寺から鷹取山の森に
興味を持ちました。この台地は素晴らしいですね
由緒あるお寺なのでお出かけになられれば幸いです
名前
URL
削除用パスワード
<< 三浦半島の森へ5 三浦半島の森へ3 >>