三浦半島の森へ10



                             細い石門を通る抜けると鎖場が出てきた
                             鎖場がここ一番の難関のようだ
                             ところで9の記事で記事をご覧になったた方々のコメントから
                             あの石門と鎖場からわらべ歌の「通りゃんせ」を思い出した



                            通りゃんせ 通りゃんせ
                            ここはどこの 細道じゃ 
                            天神さまの  細道じゃ
                            ちっと通してくだしゃんせ 
                            御用のないもの 通しゃせぬ    
                
                            この子の七つのお祝に
                            お札をおさめにまいります
                            行きはよいよい 帰りはこわい 
                            こわいながらも  
                            通りゃんせ 通りゃんせ

                            鷹取山登り口には神社ではなく神武寺がある
                            この山一帯が女人禁制の修行場だったそうで昔はかなり荒々しかったのだろう
                            この、わらべ歌に共通点があると、ふと思った
                            行きはよいよい 帰りはこわい>と、歌詞にはあるが行きも帰りも大変だったのは云うまでもないが
                            昔は神の領域に踏み入れる事は相当の覚悟が必要だったのかも知れない



d0185744_18433553.jpg
                     
                       さて、この鎖場を通らなければ高取山の頂上には行けない
                       カメラリュックに機材をしまおうかと思ったがめんどくさいのと写真が撮れないかも>と、思い
                       三脚にカメラをつけたまま鎖場を通る事にした
                       写真は鎖場を伝う前に撮りました。しかし、三脚を肩に担いで登ったのは初めてだった


d0185744_18503561.jpg
                      
                      根っこや岩が動物の骨のようだ



d0185744_18532956.jpg
                     
                       鎖場を最初から伝うよりも木の根を踏んで途中まで行った方が良さそうだったので
                       周囲を撮った後この根っ子が張り出す道を選んだ



 
d0185744_18581414.jpg
                       
                       昔、悪い事をしてここを歩いた人間が神の怒りに触れて石にされたような奇岩



d0185744_19025025.jpg
                      
                       岩肌を這う光蜥蜴



d0185744_19045497.jpg
                       
                       エイリアン出現 と、、、思ったら


d0185744_19071372.jpg
                       
                       倒木した木の根だった。しかし不気味である


d0185744_19094570.jpg
                      
                       写真では分かりにくいけど鎖が隅っこに写っている
 


  
d0185744_19120531.jpg
                             
                      鎖場を登り切って撮った.午後の光が射す凝灰岩の岩肌が1時を過ぎたばかりなのに不気味に見えたし
                      日照りで乾燥してしまったようにも、月の表面のようにも見える

                     

d0185744_19201621.jpg
                       
                                   
                                  続く



                             
                 
                           

by yaguchitenga | 2017-04-05 05:12 | 写真 | Comments(6)
Commented by 雪だるま at 2017-04-05 05:39 x
先日はぶしつけな質問にも関わらず
丁寧に資料紹介もして頂きありがとうございます
また一つ、興味の溝を埋めることが出来ました
Commented by j-garden-hirasato at 2017-04-05 06:32
こういう岩に張り付いた根っこ、
山でもよく見るのですが、
これで生きているのが、
とても不思議です。
Commented by yaguchitenga at 2017-04-05 18:08
雪だるまさん
あのジオサイトのテキストがお役に立てて良かったです
Commented by yaguchitenga at 2017-04-05 18:11
j-garden-hirasatoさん
人に踏みつけられても生きていられるのが不思議だし
岩の養分が余程、木の根に良いのでしょう
人も土の養分だけで息ていけるようにならないですかね
そしたら働かなくて済むはずですが、まあ、無理でしょうね
Commented by ninja2005y at 2017-04-05 22:03
>>三脚に

えらいっ!
わたいなんて、ここ何年も三脚なんて使ってないですわ。
面倒だからすぐに感度を上げちゃいますもん。
いやはや~こんな横着ばっかりしてちゃあイカンのですけどね。(笑)

あぁ~でもオケの撮影とかでの
超望遠や集合写真は使うかな?
Commented by yaguchitenga at 2017-04-06 19:06
ninjaさん
三脚使用禁止や人が多い場所にはもっていかないです
この時期は多分、ハイカーが少ないだろうと思い持参しました
あと、建てられない場所では手持ちで多少感度をあげますね
あと、明るい場所では三脚は使用しません
ninjaさんの場合はスナップが主だから使用しないのは分かります
僕もスナップの時は手持ちですからね
写学時代は街に4x5を持ってあるいていたので使用しました
しかし4x5は目立ちますねえ。撮ってると皆不思議そうに見てましたもん
名前
URL
削除用パスワード
<< 三浦半島の森へ11 三浦半島の森へ9 >>