三浦半島の森へ13



                         昭和40年以降、鷹取山周辺が住宅地として開発され岩場が公園として残され
                         彫刻家が山の一部に磨崖仏の弥勒菩薩像を掘った
                         ロッククライミングが許可されている岩場に展望台があり登って行くと
                         森の中に磨崖仏が見えた
                         磨崖仏はチベットのインド領ラダックや九州の大分県国東半島でも見た事があり
                         山岳仏教の素晴らしさを感じたが新しいとは言え壮大な磨崖仏だ
                         神武寺から鷹取山は鎌倉期は修行場として、明治から昭和初期まで石切り場として活用されて
                         歴史が移り変わり現在は神武寺から鷹取山のハイキングコースやロッククライミングの練習場となっている



d0185744_18290458.jpg
                       展望台から見た磨崖仏
 

 




d0185744_18302676.jpg
        
                      磨崖仏を近くで見ると俯瞰した時と違い、かなり巨大だった


d0185744_18341627.jpg
                       
                       エノシマキブシと磨崖仏


d0185744_18355697.jpg
                      
                      時代は変化しても祈る心は変わらない


                                           続く


 
                  

by yaguchitenga | 2017-04-08 05:10 | 写真 | Comments(10)
Commented by rollingwest at 2017-04-08 05:57
鷹取山の石仏コース、15年前くらいに娘を連れて歩いたことが懐かしいです。三浦半島・房総半島、結構磨崖仏が多いですよね。3年前に大分県国東半島を全て廻ったことも懐かしいです!
Commented by otomeurarafuku at 2017-04-08 06:49
おはようございま~す♪
岩山の磨崖仏 
春の陽ざしを受けて微笑んでありますね~
こんなところがあるのですね~

Commented by yaguchitenga at 2017-04-08 12:04
siawasekunさん
国東半島は30年前に1度目のインド領ラダックに行った時
ラマ仏教に興味を持ち国東半島の臼杵の磨崖仏など見て来ました
海からの渡来人が山岳仏教を広めたんでしょうね。見事な景観でした
此処には行かれた事があるんですね
切り立つ岩山が絶景でした
Commented by yaguchitenga at 2017-04-08 12:07
otomeurarafukuさん
西日になって黄色い光が磨崖仏にさして
慈悲深い顔が印象的でした
かなり大変な道のりでしたが行けて良かったです
Commented by risaya-827b at 2017-04-08 19:14
こんばんは^^
磨崖仏というのは見たことがありませんが
ふっくらとしたお顔で優しさがありますね^^
本当に時代は変われど、祈る心は変わらず・・・ですね♪
Commented by ninja2005y at 2017-04-08 22:13
しかしデカイなぁ~。

仕事での私の夢が
自分より大きなものを作るという事でした。

まあ、自分の身の丈より大きなものに限ると
数限りななく作りましたが
もっともっと大きなモノ・・・・・今でも作りたいなぁ~。

でも、もう、若くないから
体力的にシンドイかな。(笑)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-04-09 06:14
加工しやすい岩質なんですね。
目が何ともユニークです。
どこ見ているのでしょう。
Commented by yaguchitenga at 2017-04-09 18:42
risayaさん
磨崖仏を何回も見た事がありますが
どれも慈悲深い顔をしていました
磨崖仏を彫るという行為は宗教心の強さからでしようね
Commented by yaguchitenga at 2017-04-09 18:47
ninjaさん
昔も今も巨大な仏像を彫ると云うのは大人数だったでしょう
何年もかかって彫り上げた感激は、はかり知れないモノがありますね
Commented by yaguchitenga at 2017-04-09 18:50
j-garden-hirasatoさん
凝灰岩は柔らかくて加工しやすいそうです
栃木の宇都宮には大谷石というものがありますが
この土地と同じの地質だそうです
慈悲深い目ですよね。多分、自然を見つめているのだと思います
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 三浦半島の森へ14 三浦半島の森へ12 >>