武蔵野紀行12



                               春の光の木洩れ日に誘われて境内を散策した



d0185744_18115108.jpg




d0185744_18123312.jpg



d0185744_18132077.jpg

                        珍しい顔のお地蔵様、どっかのお寺で見た事が、あるような、ないような、どうしても思い出せない



d0185744_18155804.jpg
                        珍しい石塔



d0185744_18174371.jpg
                       
                       狛犬ならぬ親子の狛稲荷



d0185744_18212826.jpg


d0185744_18221594.jpg

                      お寺で珍しいモノをを発見した日でもあった



                                            続く


by yaguchitenga | 2017-05-20 05:55 | 写真 | Comments(6)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-05-20 08:25
変わったお地蔵さんですね。
お腹が顔になっている?
ユニークですね。
Commented by yaguchitenga at 2017-05-20 11:37
j-garden-hirasatoさん
このお寺のブログに行って確認したところ
立は寛文九年(1669年)、

今からおよそ350年前、、、、

この時代は江戸時代になり「庚申信仰」が大変盛んになった頃に造られたものだそうです

お腹が顔になってますか?なんか、そんな気もしてきましたね

Commented by a-ki_la at 2017-05-20 23:30
狐の場合は「狛狐」っていうんでしょうかね??
狛犬の親子は杉並のお寺さんにあって見たことがあるのですが
狐の親子って初めて見ました。
思慮深い横顔ですね。
Commented by siawasekun at 2017-05-21 03:27 x
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

珍しいいろいろなショット、・・・・・・・。
見せていただき、 siawase気分です。

ありがとうございました。
Commented by yaguchitenga at 2017-05-21 10:38
a-ki_laさん
<狐の場合は「狛狐」っていうんでしょうかね??>僕も初見でして
さあ、どうなんでしょう、僕が勝手に思っただけで定かでないですね^^
神仏習合とでも言いいますか、お寺にお稲荷さんは珍しいですよね
インドのヒンデイ教の神々が仏教の神に変化したように大らかな感じがしたのと
古代の日本人の感覚はユニークに思いました


Commented by yaguchitenga at 2017-05-21 10:40
siawasekunさん
お寺にお稲荷さんがいらっしゃるのには驚きでした
行ってみて日本人の宗教の奥深さを感じました
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行13 武蔵野紀行11 >>